FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

少年リック 限定 ウルトラマン Bタイプ スタンディングポーズ 発光 Ver.

さて、今回のレビューは最近たて続けに購入しているエクスプラスさんのお品から。

少年リック限定ウルトラマンBタイプスタンディングポーズ発光Ver.をご紹介します!

Bタイプファンのモスゴジとしては、これは外せないアイテムでした。
今までのモスゴジ的最高峰Bタイプは木下氏原型の海洋堂メガソフビとハマハヤオ氏原型の
ビリケンBタイプ(スペシウム版)でしたが、こちらもそれに勝るとも劣らない完成度ですね。
前回ご紹介したCタイプと同様に目とカラータイマーが発光します。

まずは全身。

よくBタイプは細身で華奢なイメージと捉えられがちですが、お腹まわりのだぶつきや
足首付近のむくれ感など、実際はちょっともっさりした感じだと思います。
 

BタイプはAタイプのスーツを改良し、胸筋や三角筋を盛り上げる為の詰め物が入れられました。
その詰め物のせいで、肩にAタイプにはない複雑なシワが寄るようになっています。
(これはCタイプにもみられる特徴です)

腹部のたるみは、古谷氏の動きやすさを考慮し、多少遊びを持たせたサイズで設計された
結果によるのではないかと思います。


Aタイプもそうなのですが、ウェットスーツの厚みのせいなのか足首のテーピング周りが
もっさりしているのが特徴ですね。
大体のフィギュアではこのもっさり感が少々省かれ、すっきりとした細マッチョで
表現されるのですが、こちらのフィギュアはその「もっさり感」まで再現されています。

それでも、以前発売されたCタイプスタンディングより、全体的なスタイルが見直され
よりスーツアクターの古谷氏に近い7頭身のウルトラマンに仕上がっています。
まさに、ウルトラマン!と言ったスタイルですね~。


つま先の反り返りやかかとのヒレも、もちろん再現されています。

マスクです。
 ub04.jpg
Bタイプのマスクにも数種類のバリエーションがあったそうです。
このフィギュアのモチーフはB-2と呼ばれているくちばし(?)の
尖りが少々抑えられ丸みをおびたマスクの様ですね。

素晴らしい造形です。

ub05.jpg
前回のCタイプで不評だった黄色い目は、白く変更されています。
ウルトラマンはこうでなくてはいけません!

ub06.jpg
ウルトラマン好きの皆さんはよくご存じだと思いますが、Bタイプのマスクは
Aタイプと同じ型を使用しています。

Aタイプは口の可動を考慮し表皮にラテックスを使用した為、表面に細かな凸凹が生じ
口元には少々醜いシワが寄ってしまいました。

結局口の可動はオミットされ、ラテックスを使用する意味もなくなったところで
スーツの損傷著しいAタイプの次のスーツとしてBタイプが製作されました。

新しいマスクはFRPで抜かれ、成田氏と佐々木氏が製作した本来のウルトラマンの
姿として誕生したのがこのBタイプです。

ですので、Bタイプこそ本当のウルトラマン!と崇拝するファンが多いの理解できますし
僕自身もその点がBタイプをこよなく愛してしまう理由なんです。

発光させてみました。

ub07.jpg
明かりが灯ると、まるで生きているようですね。

ub08.jpg
今回の改良点と思うのですが、カラータイマーの輝度が抑えられており、
直視しても目が痛くなりませんw。 

Cタイプは、カラータイマー直下にLEDを仕込んでいるため、光が直接届いてしまって
明るすぎたのですが、今回はLEDの上に透明パーツを挟んで光量を抑えているようです。
細かいところですが、うれしい改良ポイントです。

赤点滅も良好です。
ub09.jpg 

ub10.jpg 

暗いところで撮影してみました。
ub11.jpg
VSテレスドンやニセマンの様な感じですね~。

ub13.jpg

ub12.jpg 

ub14.jpg
こうして眺めると、本当にBタイプは美しいスーツです。
惚れ直しましたw。

今回少年リック限定アイテムとして、握り手が付属しています。
ub17.jpg
開き手のリラックスした感じも良いのですが、やはりウルトラマンは
少々力んでいるくらいがカッコいいです。

モスゴジは握りタイプで飾っています。

モスゴジ的には決定版とも言えるこのBタイプですが、ぜひこのクオリティで
Cタイプスタンディングもリボーンして頂きたいところです。

このBタイプと並べると、Cタイプはちょっと小さいんですよね…目も黄色いし…。
まじまじと見ると、少々胴が短いのかな?と思ってしまいます。

次なるアイテムは「ウルトラセブンスタンディング」ですね。
速攻予約したので、入手したらまた自慢させて頂きます!

ub15.jpg
それでは!


大怪獣シリーズ ウルトラマンBタイプ スタンディングポーズ 完成品フィギュア(一部組立て式)[エクスプラス]《取り寄せ※暫定》

価格:7,830円
(2013/10/27 02:04時点)
感想(0件)


Date: 2013.10.27 Category: ウルトラ  Comments (4) Trackbacks (0)

RAH 帰ってきたウルトラマン Ver.2 のレビューです

レビュー予告から随分時間が経ってしまいましたが、改めて
メディコム・トイRAH 帰ってきたウルトラマンVer.2のレビュをします!

予告で載せた画像の様に、造形・スタイルともとても新マン度が高い
お品となっておます。

では、全身画像から…。

鋭角的な胸筋の表現は軟質ソフビならではです。
前作の空気人形の様なスタイルとは大違い!
 
 
体型もスーツアクターの菊池氏のイメージにとても近いですね。
 


 
腰のパンツ模様(w)の形状から、後期のスーツをモチーフとしている感じですね。

さて、お顔。

前作同様ABSできっちりと形成されたマスクは歪みもなく、美しいです。


少し吊り目がちの新マンの特徴をよく捉えていますね。

横顔です。

ここで、ちょっと気になることが…
背びれの形状が違いすぎませんか?

なんで頂点付近が出っ張ってるんですか~。

巨大な背びれは新マンの特徴の一つですが、これはクレストの頂点付近
ではなく、後頭部あたりが一番大きくせり出していると思うんですが…。
このフィギュアの場合、どの様に背びれをカットするか、で調整が可能
なはずなのに、何も考えずに設計したんでしょうか?

気を取り直して、今回はメディコムさんらしくない豊富な付属品を
見てみましょう。

まず、ウルトラブレスレッド。

造形は可もなく、不可もなく…と言ったところですね。
きっちりと腕にフィットします。

次にウルトラスパーク。

これはよくできていますね。。
中心部分が透明パーツで作られています。
こんな形をしてますが、劇中ではセブンのアイスラッガーばりに
怪獣を切り刻んでいましたw

ウルトラランス。

ヤドカリンを串刺しにした「槍」ですね。
先端を差し替えられるようになっています。

最後にウルトラクロス。

ウルトラランスの先端を十字架に差し替えたモノです。
ドラキュラの怪獣(まんま)に使っていたのを覚えています。

その他、新マンの武器と言えば、大物のウルトラディフェンダー(楯)
がありますが、サイズがでかすぎたのか、付属品からは見送られたようです。

当然これらの武器を持つための持ち手が付属するんですが、
なんと、手首に差し込むジョイントが無いではないですか!
「あれぇ~どこかに入っているのかなぁ」と、散々探しましたが
どこにもありません。
お得意の不良品かと思い、メールで問い合わせたところ…

「ジョイントナシが仕様です。遊ぶときは腕パーツにかぶせて使ってね!(`・ω・´)キリッ」
と返信が来ました…

被せてって…腕を下ろしたら手首が落ちちゃうんですけど…
これが仕様ですか…そうですか…

と、いう訳でスパークを持ったままの仁王立ちポーズは出来ません…
この新マンは…。(ファルシオン新マンと同じポーズは無理です…)

さて!ソレはソレとして、次は可動を見ていきましょう!

まずはおなじみの登場ポーズ!
 
あ…
これ以上腕が上がらないっす…
 

これは、なんともかっこ悪いですね…。

この新マン、今までのリニュCタイプやBタイプよりも少々厚めのソフビ
スーツの様で、肩周りがどうにも上手く可動しないです。
リニュCタイプはそれなりに取れたポーズだったんですが…残念です。

ファイティングポーズです。

いい加減にポージングしている訳ではないです。・゚・(ノД`)・゚・
こんなポーズしか取れないんですよ!
上半身の可動域の狭さも涙モノですが、下半身もほとんど動きません…。

他のリニュマンの時にも書きましたけど、強化すべき関節は肘ではないです!
肩関節ですよ!
ここが弱いと、この登場ポーズやスペシウム光線などのウルトラマンらしい
ポージングは全く取れません。

このアクションフィギュア、取れるポーズと言ったら仁王立ちか、
武器をちょっと掲げる程度しかできないのが現状です。
こりゃぁ酷い…

そろそろRAH301改は限界なんではないですか?
他のライダー系フィギュアは問題ないかもしれませんが、全身スーツの
ウルトラシリーズは専用素体を用意すべきです!
でなければ「リアルアクションヒーローズ」は名乗るべきではないです。

はぁ~変にテンションが上がってきてしまいました。

最後に、予告で「細かいところがメディクオリティ…」と書いた部分ですが…

見てください。
この塗装クオリティ!

なんと、なんと!二重線が手塗です!!!
それも、よれよれ、はみ出満載です!!!

よく、ヤフオクで「素人作品につき、ノークレームでお願いします」と
書かれていますが、まさに、そんな状態…。


塗装不足をレタッチで誤魔化した跡…
おまけに塗装忘れで塗られていない箇所までありました…
(自分で塗りましたけど…)

全身こんな感じです…

これの定価って知ってますか?
¥18,690(税込)
です!

これはさすがのモスゴジも、もうこのメーカーのウルトラシリーズ
には手を出すのを辞めようかと思いました。

商品コンセプトは悪くないです!
ただ、コストパフォーマンス、技術力、製品クオリティの3拍子が ダメなんですよ。

動かないなら、エクスプラスやCCPのハイクオリティソフビの方が
全然良いです。
値段もあちらのメーカーの付加価値を考えれば、決してお安くは
ないですが、妥当な金額だとも思えます。

メディさんのウルトラシリーズは、値段相応の付加価値も満足感 もありません…。

この有様では、来年発売されるCタイプVer.2もどうなる事やら…
と言った感じです。
さすがに、もう貢げないかな…。

(あ、ムラマツキャップは購入しようと思っていますが…)

今回は後半毒舌満載で失礼しました…
でも、それだけ期待してたんですよね…この新マンには。

では!
Date: 2013.10.11 Category: ウルトラ  Comments (6) Trackbacks (0)

メディコム・トイ 帰ってきたウルトラマン Ver.2 を買ったんですが…

SM_01.jpg
先日、メディコムさんの帰ってきたウルトラマンVer.2.0をやっと入手しました。

で、さっそくレビューと行きたいところなのですが、アップまで時間がかかりそうなので
取り急ぎ予告です~。

画像を載せましたが、スタイルは以前のメディコムエキシビジョンで見たとおり、
非常に新マン度が高い製品となっています!
いい感じですよね~。画像で見ると…

ただ…細かくみると、やっぱりと言うか…メディクオリティなんですよね…

次回はそこのところ、詳しくお伝えしたいと思います。
Date: 2013.09.11 Category: ウルトラ  Comments (2) Trackbacks (0)

超合金魂 宇宙戦艦ヤマト 2199 予約開始です!

先日新宿ピカデリーで宇宙戦艦ヤマト2199第七章を観てきました!

旧ヤマト世代の僕はこのアニメが始まる前から期待しまくっていました。
最新の表現でヤマト1作目がリメイクされる…
監督はヤマトオタクの出渕裕…
メカデザインはNetでその類まれなヤマトイラストにしびれまくってた玉盛順一朗…
キャラデザインはPS版ヤマトのデザインがいいなぁと思ってたので、あまりに
今風なデザインにちょっと引き気味でした…(本編を観たら全く気にならなく なりましたが)
これは期待するな!と言う方が無理でしょう!

一章を観てからと言うもの、スタッフのヤマト愛とまさに僕ら世代の「俺ヤマト」
がそこにあり、あまりの完成度に打ちのめされました。
何と言ってもヤマトの燃えパターンがしっかり押さえられており、見事の一言!
夢中になって最終章まで追いかけてましたw

僕のように「さらば~」でヤマトが完結している人間は、次々と公開される新作
ヤマトに落胆しつつも追いかけずにはいられない悲しい人種(そこまで言わなくてもいいか)
なので、島がホントは反物質である異星人と恋に落ちても、あの名医である佐渡先生の
誤診によって「死んでなかったこと」にされてしまった沖田艦長が再登場しても、
その他、1作目から「さらば~」までのヤマトを全否定するような設定が出てきても、
「そうだよね、しかたないよね…」と半ば諦めながら付き合っていました。
(どうせみんなパラレルワールドの話だし…)
そんな感じで、「さらば~」以降のヤマトはとても納得なぞ出来るものでは
なかったんです。

その30年にも及ぶ不満の溜飲を下げる作品が、四十路を過ぎた今、目の前に現れる
なんて、思ってもいませんでした。

そのヤマト2199の最終章を観た感想ですが…

さすがに、いくつかの不満が無いことはないのですが…今は良いです。
毒ははきません!(今度書きますw)

本当によくぞここまで作ってくれました!
我々旧ヤマト世代を納得させ、エンディングで再び涙を流す機会を与えてくれた
スタッフの皆さんには心からお礼を申し上げたい気持ちで一杯です。

さて、そんな宇宙戦艦ヤマト2199ですが、バンダイから1/1000スケールの
プラモデルシリーズが展開されてるなか、やっぱりと言うか、ついにと言うか
超合金魂でのリリースが決定し、本日予約が開始されました。

前回の金魂ヤマトに今一つ納得がいかなかったので、今度こそ超合金ヤマトの
決定版が発売されることを期待します!

前回は下膨れの波動砲やフェアリーダーの不恰好なせり出しが大きな不満材料
でしたが、赤外線によるギミック操作やフルカラーLEDなど素晴らしい点も
ありました。
その新技術がCG準拠で設計された2119ヤマトに装備されるとなると、これは
本当に決定版になるのではないでしょうか?

発表されている仕様をみると…
・ダイキャスト素材を贅沢に使用!
 今度こそずっしり感が期待できるのかな…
 いままでのヤマトは「超プラスチック魂」だったけど。
・細部にいたる造形再現の徹底!
 CG基準なら、ヘンテコな造形は無いでしょう!そう信じたい!
 煙突ミサイルのカバー展開ギミックは無理だろうなぁ~
・2199ヤマトの艦載機格納庫を完全再現!
 艦載機パレットもちゃんと回転するそうですよ~
・ギミックは全てリモコン操作!
 機体にボタンが付かないので、満足の仕様です。
・劇中BGM5曲内臓!
 「ヤマト渦中へ」を再生しながらブンドドしましょう!
・劇中SEを多数収録!
 ショックカノンと三式のSEが入っています!
 浮遊大陸戦を再現しましょう!
・多色LEDを駆使した色鮮やかな波動砲発射シーケンス!
 安定の多色LEDです。前作もこれが素晴らしかった!
 ただ、波動エンジンの中心コーンは発光しない様にしてもらいたい!

どうですか?
ホント期待しちゃいますよね?!
BGMに「無限に広がる大宇宙」が無いのはさびしいですが、2199ではヤマトと
このBGMってあまり絡んでいないですよね。
と、言う事で納得します。

しかしながら…
定価27,300円とは強気な値段設定ですね~。
とても定価で購入する気にはならない金額です。

僕はもう予約を済ませたんですけど、今のところ最安はあみあみさんの様ですね。
あみあみさんとツートップのでじたみんさんは、ちょい高めです。
送料もあみあみさんの方がお安いので、予約するならあみあみさんが
良いと思いますよ。

Amazonでも予約が始まりましたが、定価スタートですね。
ここは頻繁に値段が変わるので、要チェックです。

まぁ。マクロストイと違って、予約開始10分で売り切れ…とはならないと思いますので
じっくり値段を比べて購入されるのが良いですね。

発売は来年(2014年)1月25日との事ですので、入手したらレビュしますね!

では。

超合金魂 GX-64 宇宙戦艦ヤマト2199[バンダイ]《01月予約》

価格:20,970円
(2013/9/9 19:55時点)
感想(0件)


バンダイ 超合金魂 GX-64 宇宙戦艦ヤマト2199【1月予約】

価格:21,840円
(2013/9/11 12:18時点)
感想(0件)


Date: 2013.09.09 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

S.H.Monster Arts ゴジラ(1964) モスゴジのレビューです!

MG_18.jpg
今回はS.Hモンスターアーツ ゴジラ1964をご紹介します。

とあるホビー雑誌でその存在を知り、速攻予約したアイテムです。
プレミアムバンダイ限定販売でしたので、一般店舗では手に入らないそうです。
なので、値引きなし…6,090円+送料525円、さらに代引き手数料が入って
合計6,930円のお買いものです。
限定商品とは言え、このサイズのフィギュアにしてはお高いです…。

まぁ、でもその商品仕様を見たなら自ら「モスゴジ」を名乗るモスゴジオタクの
ワタクシとしては買うしかなかったのですが…。

MG_01.jpg
原型は酒井ゆうじ氏。
安定のクオリティです。

以前購入した平成ゴジラは、造形は素晴らしかったのですが、目の塗装が
ロンパリ気味で納得のいかない物でした。

今回のモスゴジはどうでしょうか?

MG_02.jpg
う~ん…
これは素晴らしい!!!

MG_03.jpg
ちょっと頭が小さいような気がしますが、概ねスタイル良好です。
分割と関節むき出しは致し方ありませんね…

MG_04.jpg 
MG_05.jpg
それにしても、シルエットに破たんをきたさず可動を両立させるなんて、
さすがゴジラ造形の世界的権威である酒井氏です!

お顔
 
MG_06.jpg
完全無欠の悪役ゴジラであるモスゴジの三白眼が表現されています。
このお目目ですが、実際のスーツの様に構成されているとの事ですが、
見た感じでは黒目をペイントした白目に透明パーツのカバーをかけている 様ですね。

MG_07.jpg
僕が聞きかじった話では、劇中のスーツは半円形のクリアパーツを内側から
くり抜き、黒目を流し入れているとの事でした。
この方式だと、どの角度から見てもゴジラと目線が合うようになるとの説明に
「なぁるほどぉ~」と膝を打ったものです。

MG_08.jpg
また、他にも今回のフィギュアの様に、黒目の上にヒートプレスした半円の
透明カバー をかぶせているとの説もありました。

どっちが正しいんでしょうか?

DVDでモスラの卵を襲撃しているシーンをよく見ると、動きによってゴジラの目線
が移動しているのが分かります。
クリアパーツの内側に別パーツの目を用意する事(今回のフィギュアと同様)でも
この効果は得られると思いますので、別パーツ説が正しいのかもしれませんね。 

MG_10.jpg
モスゴジは猫顔ですよね。
初ゴジやビオゴジが犬顔なのに対し、全体的に丸っこく猫の様なイメージが
モスゴジの特徴です。
怖可愛いです。(こわかわいい)

MG_09.jpg
口はこんな感じで開きます。
内側に向かって生えているモスゴジの歯が表現されています。

そうそう、有名なゴジラのブルブル震える頬のお話ですが、スーツ2体説が
まことしやかに語られていますが、関係者のお話では名古屋城襲撃シーンで
使用したスーツは頬の固定が出来ていなくて、あのような震えが起きたそうですね。
後半のシーンではしっかりと固定され、あの可愛くも生生しい震えがなくなっています。
そのままでよかったのに…

さて、フィギュアに戻って…。

可動はこんな感じ。

MG_11.jpg
そもそもゴジラ自体が大きくアクションしないので、可動範囲が狭いのは
差して気になりません。こんなものでしょう。
 
MG_12.jpg
ただ、首回りの可動範囲はもう少し広くしてほしかったなぁ~。
空に向けて咆哮するゴジラが再現しにくいです…

いろんなポーズに挑戦。

MG_13.jpg 
MG_14.jpg 

MG_16.jpg 
MG_15.jpg
さて、今回のゴジラですが大好きなモスゴジ、おまけに酒井氏の造形ですから
文句なしのお気に入りです。
ただ、このお値段で何も付属品が無いのは頂けない。

成虫モスラとは言いませんが、幼虫モスラ×2くらいは付けてくれても
良かったんではないでしょうか?無可動で良いんですよ。

モスゴジと言えば名古屋城襲撃が有名ですが、このフィギュアとサイズの合う
1/350の名古屋城の模型が発売されています。
こいつと絡めるとよりモスゴジを堪能できると思いますので、お試しあれ。

次は機龍が発売されますね!
3式機龍も大好きなキャラクターなので購入を検討していますが
絡ませるゴジラがいないんですよね~。さらに定価一万越えって…どゆこと?
でも、仕様を見る限り超合金の機龍をはるかに凌駕しています…
これはかなり期待が出来そうですね。

MG_17.jpg
それでは!



Date: 2013.09.05 Category: MOVIE  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。