スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

メディコム・トイ エキシビジョン 13に行きました!

m0.jpg
ちょっと遅いレポートですが…

今年も行ってきました!メディコム・トイエキシビジョン。
今回で11回目だそうです。
もう7年もこのイベントに付き合っていますw。最近はメディフィギュアにもすっかり
ご無沙汰しているのですが、やっぱり年に一度の新作発表会ですので参加してきました。

今回はパルコパート1の3Fで、少々こじんまりした感じですね。

料金は毎年同じの300円です。
チケットの裏に「あたり」のスタンプがあると、豪華賞品がプレゼントされるキャンペーン も健在です。

今年はなんと…「あたり」を引きましたよ~!
m1.jpg


何をくれるんだろう!と(*゚∀゚)ワクテカして待っていると…

こんなものが…

m00.jpg 
(゚⊿゚)イラネ

さて、枕はこのくらいにして、さっそくレポートしていきます。
今回は写真撮影の制限はありませんでした、ただ…
「ブログに載せる際は、小さい画像でちょっとだけね」と注意書きがありました。
去年は掲載枚数まで指定して「タダで宣伝してもらってるのに何様?」感バリバリ
でしたが、反省したのか(?)今年は少しソフトになっています。

会場に入ってまず目についたのが、RAHエヴァシリーズ。

m2.jpg
去年は初号機だけの展示でしたが、新劇場版からのアイテム追加でたくさんの
エヴァが並んでいました。
m3.jpg
去年の初号機はしゃがんでいたので(今年はクラウチングですが…)その大きさに
気づかなかったのですが、直立してる改2号機γや8号機βをみると素直に
「でけぇ~」と感心します。
これだけのサイズでのエヴァ完成品って他にはないのでは?

出来ですが、造形も細かく他のアクションフィギュアに見られる様な関節の露出
もないので、(経年劣化の度合いはわかりませんが)現在のエヴァフィギュアの中では
白眉の完成度。ではないでしょうか?

そのエヴァの横に、にこやかに佇んでいる「どこかで見た格好をしているフィギュア」
が気になり、よ~く見てみると…
m4.jpg
なんと、ヒット・ガールですよ!これ。

m5.jpg
うわぁ…やっちゃった~(;゚Д゚)なんだコレ…だれだ?
などなどが心の中で渦巻いていました。
やっぱり、人物フィギュアはホットトイズのクオリティが基準になってしまっているので
こんな出来を見せられても、只々痛々しくて…。
これ、きっと投げ売られるんだろうなぁ。

エヴァに戻りますけど、初号機~弐号機を使って新劇場破の一シーンを再現した
ジオラマが展示されていました。

m6.jpg
良いですね~。
こんな展示方法は初めてじゃないですか?
アクションフィギュアならではの迫力のあるジオラマでした。
…欲しくなってきたぞ…

そして、モスゴジ的今回の目玉は…
原型が展示されていた「ウルトラマンCタイプ Ver.2.0」と試作品の「ムラマツキャップ」です!

m7.jpg 


m10.jpg
RAHCタイプは「無印」「リニューアル」と2体発売されていました。
どちらも持っているのですが、以前ブログに書いたようにマスクがいまいち
気に入って 無かったんです。

特に横顔が…

今までのRAHCタイプはクレスト(要はトサカです。勝手に呼んでます)から上唇にかけての
ラインが平坦で、横から見ると鼻がつぶれたようになっているのがどうも納得いきませんでした。
これは、2つのフィギュアとも同様で、リニューアルが出た際は
「何のためのリニューアルか…」と嘆いたものです。

m8.jpg
ところが、今回のVer,2.0は(原型を見る限り)額から上唇への流れる様なラインが再現
されており、まさにCタイプの横顔になっているではないですか。

m9.jpg 
また、肩のふくらみ(と皺)、巨大な胸筋がきちんと作られており、今までの
RAHウルトラマンCタイプとは別格の完成度です。

実は、もうモスゴジがこれぞと思う初代ウルトラマンの可動フィギュアは発売されない
気がして、これからはエクスプラスのスタチュー一筋で行こうかと思っていました。
しかし、いやいやメディさん。やればできますね~。
これは、発売が楽しみですね~。

Cタイプの完成度に興奮しつつ横を見ると、そこにはムラマツキャップが…
これまた、素晴らしい完成度です!

m11.jpg
先ほどのヒット・ガールの残念具合がウソの様。
HOTの完成度に迫る造形と塗装ですよ、コレ。
多分、CタイプVer.2.0の購入特典になるんでしょうけど、このまま発売されるなら
絶対買いです!(そうはならないところがメディさんなのですが…奮起してほしいです)

ヘッド造形は以前の「RAH立花藤兵衛」で作り上げたモノの改修版かもしれせんが、
科特隊のコスを着ちゃうと、それはまさに「ムラマツキャップ」に他なりませんね。

お次はお友達のピロさん用に撮影してきたG3-XとG4です。

m12.jpg
これは良くできいますね。
以前、タイムハウスより発売されていたものとは雲泥の差です。
G3-Xはメディさんには珍しく、豊富な付属品と要潤氏の生首がセットになっています。

m13.jpg
お顔の完成度は…どうでしょう?ピロさん納得いきますか?

宇宙刑事シリーズです。

m14.jpg
モスゴジが大好きだった「シャリバン」もラインナップに加わりました。
そういえば、昔バンダイのクライムバスター持ってたよなぁ~。
駅弁売り見たいなグランドバースの超合金が欲しかったけど、結局買わなかったよなぁ~
とか。なつかしみながら拝見しました。

宇宙刑事の1/6はあの「アベデザイン」からも非常に高い完成度のモノがリリース
されていましたが、こちらは全身メッキが施され非常に美しいシャリバンですね~。

他にも、figmaがでかくなった様な「セイバー」や「まどか」がありましたが、
最近は特に興味もないので、スルーです。

今年はこんな感じでしょうか。

今回もあまり収穫のないイベントでしたが、完成度の高い新たなCタイプが見られた
事が唯一の収穫でした…

ホットトイズやエンターベイの台頭により、単なる成形色+プリントでは済まなくなった
人物フィギュアは、国内メーカーが太刀打ちできない状況になってきているようです。
メディさんのラインナップを見ると、アニメ・特撮・ゲームキャラへの軸足移行が
顕著でしたね。
香港勢が今は手出ししていないこの手のジャンルは、しばらくはメディさんの独壇場でしょう。
今はこの方向で進めるのが良いと思いますね。(それしかないかも…)

映画フィギュアが香港勢に取られたとしても、アニメ・特撮・ゲームはオタク層への
鉄板ジャンルですから良いものを出せば、確実に売れますからね。

それでも、何の理由か分かりませんが、今も開発を続けている人物フィギュアは
目を覆いたくなる完成度なので、一度ラインナップを見直して、良い工場が
確保できる まではひとまず撤退されるのが得策かと…
(余計なお世話ですが、このメーカーには期待しているので…)

では!

スポンサーサイト
Date: 2013.07.26 Category: 日記  Comments (6) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。