スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

トイサピエンス 限定 バットマン おかわり

 


前回のレビューで、チャンベールヘッドに執着してしまい


肝心のバットマン自体のレビューがあまりにもおざなり


だったので改めてバットマン本体のご紹介です。



頭でっかちに見えますが、劇中のプロポーションも


こんな感じでしょうか。


ブルースヘッドが小顔なので、よりマスクが大きく


見えてしまうのかもしれません。



以前に発売されたHOTTOYSのビギンズバッツを所持していないので


比較ができませんが、メディコム、タカラのモノより劇中に近いと思います。



今までのモノは「バットマン」と言うキャラの顔って感じでしたが、


こちらはチャンベールが中に入っている様に見えますね。



 



ケープですが、実物はもう少し長いと思います。


ただ、お家で飾るフィギュアですからこのくらいが良いかもです。


若干厚めなので、体のシルエットが出るような柔らかさはありません。


ケープに関してはタカラのバットマンが一番です。


 



ユーティリティーベルトは作りこみ、色味ともばっちり!


取り外しもしやすいです。


ただ…接着剤のはみ出しはご勘弁でした…。


 



バットラング×2が装着できます。


(すぐ外れますけど…)


 



もちろんグラップルガンも装着可能。


 



小物の作りこみはそつがありません。


 


ポージング編



前回も書きましたが、スーツのテンションに負けて腕が上がりません…。


 


足首は柔軟に可動(ちょい柔らかいかな)するので、接地性は高いです。


 


グラップルガンと…



口パーツを変えています。


作りこまれた細部のディテールと全体的なボリューム感により


非常に存在感があります。


カッコいい…。




この表情、劇中バッツにそっくり!


 


グラップルガン



メディさんのはちょっとさびしい完成度でしたが、HOTさんの


グラップルガンは一貫して完成度が高いです。


 


バットラングと



HOTの素体は腿が後ろに引けないようです。


前後に大きく足を開くポーズは出来ませんでした。



こちらも口パーツを変えてます。


最初「変な口…」と思いましたが、ポーズをつけるとカッコいいです!


口だけ変えてもねぇ〜と思ってましたが、やっぱり


アクションフィギュアはポーズをつけてナンボですね。


良いアイテムです。


 


そうそう、最後にもう一つのアイテムです。



カタログには「爆弾」とだけ書かれていたアレです。


 


ビギンズではタンブラーにも積んであったり、結構活躍しましたね。


でも、1個だけ…何に使えと?


 


以上、限定バットマンの再レビューでしたが、いかがでした?


 


クリスチャン・ベールヘッドに気を取られていましたが、


こうしてキチンと見てみると、バットマン自体もかなりの完成度です。


 


スーツがほこりだらけになったり、傷が付きやすかったりと


いくつかの問題はありますが、前のレビューでも書いた通り現在発売


されているオリコスの中では一番の完成度ですね。


 


来年はバットマンの新作が公開されるとあって、HOTの動きも非常に気になるところです。


お値段はできれば今の範疇で、さらに高いクオリティのバッツフィギュア


を発表してくれることを切に願います。


 


あ、それから…1/6タンブラー欲しい…再販してください。お願い…。


では。


 

スポンサーサイト
Date: 2011.12.14 Category: MOVIE  Comments (5) Trackbacks (0)

トイサピエンス 限定 バットマン ビギンズ/ブルース ウェイン

前回、原宿のトイサピエンスに行ってきたお話を書きましたが、
本日はそこでゲットしてきたブツのレビューをしますね。

これです!

今年海外で行われたTOY FAIRで限定販売されて、瞬く間に
話題になった(と、思う)BATMAN BEGINS Batman/ Bruce Wayneが、
トイサピのオープン記念限定アイテムとしてで国内販売
されたものです。

このフィギュアの目玉は、何と言っても非常に精巧に

作りこまれたブルース・ウェインの新規ヘッドですね。
ネットで初めてこいつの画像を見たときは、ぶったまげました。

チャンベ(クリスチャン・ベール)にあまりに生き写し。

おまけに皮膚の質感や塗装が今までの人物フィギュアの完成度
の比ではない。

こ、これは欲しい。

バットマンファンなら誰しも思ったことでしょう。

でも…

こいつは海外限定販売、日本で手に入れようと思ったら、
ebayやヤフオク、またはぼったくり価格のネット店舗しか
手が無い状況でした。

そんな中、HOT TOYSのHPでこのフィギュアを国内販売するという

ナイスな情報が…でも販売方法は未定との事。

同じころ、HOT TOYSが日本に直営店を作るって話が出てきて、
多分、このお店で売るんじゃないか…と言う憶測がネットで
飛び交っていました。

で、10月後半に発表された販売方法が…やっぱり直営店での
限定販売。

おまけに数も700体限定で、通販ナシ…。

どんだけ勿体ぶるつもりなんだ、と少々腹立たしくも思いましたが
結局プレオープンの応募受付当日にPCにかぶりついて
F5キーを連打する自分がいました…。

さて、お品の紹介です。

未完成のバットスーツを着て、ゴードンを訪れたブルースを
再現しています。


ハーネスも細かく再現されていますね。

外しにくいかな?と思ったんですけど、結構簡単に着脱できます。


今になって比較するのは酷ですが、GCバットマンはハーネスを

着ている様なかんじですね。(おもちゃっぽいなぁ…)


スーツは非常に柔らかい素材でできています。

ただ、ほこりが付きやすいです。
質感やディテールはばっちりです。

ブルース坊ちゃんのお顔です。

凄まじい完成度です。

最近、メディコムさんもエンタベイと組んで、自社じゃ作れない
ハイクオリティの人物ヘッドを搭載したUUシリーズを
展開していますが、それでもHOT TOYSのクオリティには追いつけていない感じです。

お値段も一昔前は1/6ハイクオリティフィギュアは1万越えくらいが相場でしたが、今では2万越えが当たり前になっていて
UUシリーズも同価格帯での販売ですが、HOTのDXシリーズ
と比べると、フィギュア自体のクオリティ、付属品の豊富さ
チョイスのセンス、どれを取っても見劣りしているのは否めません…(がんばれニッポン!)
ただこのチャンベヘッドですが、試作品と同じものを期待していたらちょっと裏切られます。

造形は素晴らしいのですが、塗装が試作品ほど細かくありません。
試作品は髭剃りあとや、そばかすまで細かく表現されいますが
製品版はちょっとアッサリ気味です。

目まわりの差異が顕著で、下まつ毛のプリント位置が下過ぎます。
そして、一番違和感があるのが、瞳のプリント位置ですね。
多くの個体の左目の瞳が若干外向きになっているようです。

ネットでは「ロン○リ」と呼称されています。
僕の個体も若干左寄りで目線がまっすぐこちらに来ません。
(まぁ許せる範囲ですけど)

サポートに本気で電話しようと思ったのですが、ネットの
書き込みを見ていると「仕様!」と言い切られたとの事

でしたので、諦めました…。


目だし帽をかぶらせてみました。

GCバッツは劇中の目だし帽と違っており、ラーズを訪れた
時の目元だけが大きく開いているマスクでしたね。
(仕様ミス?)

バットマンです。


実は、今回のバットマンが決定版と信じて、他のビギンズバッツは
すべて手放してしまいました。
(GCは残しておいても良かったかも…)

少々頭が大きく感じますが、やはりこれが今現在では決定版ですね。

非常に良くできています。


柔らかいスーツ素材にも関わらず、テンションに負けて
あまりポーズが決まりません。


口元のパーツがマグネットにより交換可能になっています。

ブルース目当てだったので、バットマン自体のレビューは
アッサリ目ですみません。


チャンベヘッドを撮り直してみました。

なんだかんだ言って、やっぱりすごい完成度です。

買えてよかった~。

以上の商品が、トイサピ限定で25,000円です。

う~ん…高いですよね。

この値段なら、DX仕様にしてバットマンの眼球可動を
入れて欲しかったところです。

首がほとんど動かないバットマンなので、目線の変化と口元の
変化があれば、ホントに表情豊かになったでしょう。残念。

それにしてもHOTってたくさんバットマンをリリースしますよね。

一番最初に出たのが2006年8月。バットマンビギンズでした。

当時のHOTのクオリティは、とてもマスターピースと言えるほどのモノじゃなくて、

ちょっと前に発売されたタカラのCGバットマンの方が明らかに良くできてました。

実際僕もHOTのバットマンは全く眼中になくて、GCバットマンが
入手困難な時期はメディコム製のちょっと残念な(それでもHOTよりましな)
バットマンで我慢していました。

この日本勢のクオリティに触発されたのでしょうか

その後のHOT TOYS製バットマンは目覚ましい進歩を遂げていきます。

今回の製品仕様がHOTが触発されたであろう(憶測ですが)GC版
バットマンとほとんど同じというところも、別次元に進化した自社の
クオリティを日本勢へ見せつけるデモンストレーションと思えてしまうのは勘ぐり過ぎなんでしょうか。
まぁ色々と書きましたが、ビギンズ版バッツの決定版であることは誰しも認めることと思います。

今後ビギンズ版のDXが出たら、評価は変わるかもしれませんが、
ここまで一キャラクターを徹底的に作りこむ情熱と技術を
持ち合わせているのは、やはりHOT TOYSしかないんでしょうね。

すでにトイサピの店頭販売分は完売との事なので、これから先は
追加生産分を期待するか、オクで入手するしかないとは思います。

ただ、3万円以上も出して買うほどの価値があるかどうかは、
他に欲しいモノを頭に浮かべながらよ~く考えたほうが良いかと…。
(持ってるから言えるんですよね…スミマセン)

うん、やっぱり買わずに後悔するより、買って後悔せよ!でしたね。

余計なお世話でした!

そうそう、このバッツを手に入れたので、思い切ってタンブラーも
買っちゃいました!!!


どうですか!

やっぱりバットマンと言えばタンブラーですよね~。
HOT製ですよ!

 

・・・・・・・・・・・

スミマセン。
写真はフェイクです。

ホットはホットでもホットウィールのタンブラーでした~。
(これはこれで十分かっこいいですけど~!)

では。


予約商品ホットトイズ ムービー・マスターピース「ダークナイト」バットモービル 1/6ビークル

価格:48,000円
(2012/7/10 11:08時点)
感想(0件)




Date: 2011.12.12 Category: MOVIE  Comments (0) Trackbacks (0)

トイサピエンス プレオープンに行ってキマシタ

驚異的なクオリティで製品を発表し続ける香港のフィギュアメーカー
ホットトイズが、日本の原宿にフラッグシップストア


「トイサピエンスをオープンしました。

ホットの製品は2つしか持っていないのですが、国内メーカーが
足元にも及ばないクオリティにすっかり魅了され


にわかホットファンなっちゃいました。



トイサピエンスのグランドオープンは12/10なんですけど、先着600名
がプレオープン中(12/3〜12/8)に招待され、トイサピ限定の4アイテム
を優先的に購入できると聞いて、頑張って応募したんです。

で、めでたく先着600名の中に潜り込めたので、


先日トイサピプレオープに行ってきました。

今回は、その時のレポートになります。

店舗外観



ホットトイズの名作フィギュアが店頭にディスプレイされています。
(これ、直射日光当たって大丈夫なのか…?)

買い逃したDXジョーカーも手榴弾をチラ見せしながら微笑んでいます。

店内に入るには、ネットで手に入れたチケットのプリントと、本人確認
の身分証明書(保険証・免許証)を提示しなくちゃいけません。



おまけに、限定アイテムは同一商品一人1つの縛りがあります。
(転売屋防止の策ですね、わかります)
面倒くさいですが、このご時世致し方ないですね。

店内には、新作フィギュア(販売済みも含む)がショーケースに


飾られています。



ショーケースの下に、今回販売するフィギュアのBOXが収められていて、
欲しいフィギュアを持ってレジに向かう。と言う方式です。



壁には他社製品やビンテージフィギュアがぎっしり…。



ショーケースで値札のついているモノは、すべて購入可能との事ですが…
高杉だろ…。

店内のイメージは、オシャレなショールム+まんだらけと


言った感じでしょうか。(どんなイメージだ)

例のごとく、モスゴジが気になるアイテム中心で紹介しますね。

まず、今回のプレオープン中に販売される4アイテム。




バットマンしか興味ありません。



ヨーダはメディコムの方が雰囲気出てました。
でも、ダコバのお家はいいですね。

多分目玉商品であろう、1/6サイズのバートン版バットモービルです。



本当は1/6タンブラーの実物が見てみたかったのですが、展示されて


いませんでした。(タンブラー欲しいぃぃぃ)



以前の1/6タンブラー約75センチだったのに対し、このバットモービルは
100センチ以上あるように見えました。
とにかくでかいです。






サイズがでかいだけあって、細かいところまで良く作りこまれています。



コックピットも御覧の通り。

スゴイです、一体いくらで販売されるのでしょう?

でも、実物を見た印象は、まるで映画のプロップを見せられているようで
とても自分で買って自宅に置くなど微塵も思いませんでした。

次にバートン版のバットマンです。



この映画、公開当時に劇場で見ました。

今まで青いタイツ姿で薄いマスクを着け、サメ除けスプレーを
噴射していたバットマン(分からない人スミマセン)しか頭になかったので、
あまりのリアルさダークさに心底衝撃を受けたのを覚えています。
「マジでバットマン作ってる…」これが当時の印象です。

もちろん大好きな映画の一つに加わり、次回作の「リターンズ」も
劇場で見ました。
(3作目以降は役者が変わったこともあり、劇場にはいきませんでしたが…)
当時は現在のような精巧なフィギュアなど無く、バットモービルの
プラモを作った程度でしたね。
その後、バットマン熱も冷めてしまい、再燃するのはビギンズの公開
まで待つ事になります。
しかし、ビギンズを見てからは、89年のバットマンは僕の対象から外れ
特に注目することもなかったので、今回のホットの89バットマンも
大して気にしていませんでした。

でも…
これは良くできます。



この目、口元まさにマイケル・キートンです!
スーツの質感も89バットマンの感じが良く出ていると思います。
欲しくなってきました…。



眼球可動システムもこなれてきているようで、ダークナイトバットマン
の様な違和感は感じません。
いいな、これ。



89バットマンに登場した、ジャック・ニコルソン演じるジョーカーです。
良くできているとは思いますが、う〜んあまり似てないかも…。



目がジャック・ニコルソンと微妙に違う気がします。
これは買わないなぁ。

他にも、こんなモノや…

あんなモノ

そんなモノ
 
が展示されていましたが、特に心動かされるものはありませんでした。
(うわ、レポートになってねぇぇぇぇ)

そんな中!

これです!これを見に来ました。


ベスピン版ルーク・スカイウォーカーDXです。

ルークが掴まっている柱、でか過ぎです。
うちの奥様の目を盗んでこっそり飾るなんて出来ません…。


このべスピンルークですが、ベイダー戦でコボコにされて、腕を
ちょん切られたルークが素体ごともう一体同梱されるという超豪華仕様
なんですけど、お値段も超豪華で定価36,000円(税込)!!!
ネットショップなら25,000円強…買いますよ、多分ハイ。
でも、この柱は要らないかも。

お顔





今まで立体化されたルークの中で、最高に似ていると思います。
若いころのマーク・ハミルそのモノです。
おまけに眼球可動システム搭載で、目線が好きなようにアレンジ可能。
すごすぎですホットさん。

ボコボコ顔もよく似てます。




入り口付近に展示してあった、アイアンモンガーです。



これも大きいですね〜。
アイアンマンの映画は予想以上に良かったです。
僕はスカーレット・ヨハンソンがお気に入りなので、ホットの
ブラック・ウィドーが欲しかったんですけど、買い逃しました…。
今では定価+1万円くらいでなら買えますが…さすがに買いませんよね。

アイアンモンガーの中の人が何気によくできてます。


 
アイアンマン1の悪役オバディアさんです。

さらに、今話題のジャック・スパロウさん。



良い出来とは聞いていましたが、実物はスゴイ完成度ですね〜。
これはメディ+エンタベ組は完全に水をあけられた感じです。
音声ギミックと言われてもね…。バンダイじゃないんだから…。

非常に大雑把ですが、こんな感じでしょうか。
展示数がそんなに多くないので、あっという間に見終わっちゃいました。


最近、ホットトイズのハイクオリティ路線によって、僕の中の
フィギュアへの評価基準がちょっと変わってきました。

今までは、何となくキャラクター(人物)の特徴が感じられていれば、
脳内で補間した後「良く似ている」「激似」などと評価していましたが、
今では「まさにご本人?」くらいのクオリティがなければ「似ている」
と言う評価が出来なくなっています。

DXインディを手にした時、「これはフィギュアじゃなくてミニチュアだな」
と感じました。
ホットのインディが似ている、似ていないの議論は別として、
(僕はある程度は似ていると思います)
トイズマッコイのインディを伝説的な完成度と思っていた自分ですが
マッコイインディは「あくまでGIジョーベースの良くできたフィギュア」で
ホットインディは「可動するインディのミニチュア」と感じたんです。

作り手の妥協のない高い志が、フィギュアを芸術の域(言い過ぎ?)まで
昇華させる事が出来る(それもマスプロモデルで)。ホットトイズは
それを証明し続けていると思います。
このクオリティで大量生産するには、それはそれは大変な苦労が
あったことでしょう。

メディコムさんをはじめ、国内のフィギュアメーカーも頑張って
頂きたい所です。

12月10日以降は普通に入店できるようになるので、それほどのモノか
どうか、一度実物をご覧になることをお勧めしますよ〜。

そうそう、トイサピでの戦利品がコレです。



今度ゆっくりレビューする予定です〜。

では。

Date: 2011.12.07 Category: 日記  Comments (6) Trackbacks (0)

よつばと!11巻発売記念! おも魂劇場 その10 「よつばと よつば2号」


(はじめての人は、おも魂劇場 その1をみてね。byよつば)



へ ん し ん !




ヨツバチャン、ナニシテルノ?

おー!よつば2号!
トーフのおっさんに習ったへんしんのポーズだよ!

カッコいい?



ワー!カッコイイ!2ゴウモヤル!




うん!一緒にやろう!


 



せーーーーの!

へ ん し ん !
ヘ ン シ ン !

あははは!



シュババーーーーッ!


 



ビュビュビューーーーー


 



げ!
2号がほんとにへんしんした!

しゅうぅぅぅ…。
う…。
私はこんな所で何をしているのだ…。
何も覚えていない…。




おまえはよつばドーフ2号だよ。
よつばの部下なの。



だれだ、君は。

よつばだよ〜。忘れたの?!
小岩井よつば!
おまえの上司だ!

上司って…意味分かっていってるのか。
この娘は。



でも2号、トーフのおっさん達みたいなカッコウ…。



私は豆腐ではない。
ホッパーボーグVer.3。
ブイスリーだ!




やっと見つけたぜ、V3。


 



お前は!ベガ!!

この人2号のともだちか?

友達ではない!やつはベガボーグ。
凶暴な性格で、裏切り者の抹殺を行っている、
とても危険なサイボーグだ。


お前にやられたこの古傷のお返しに来たぜ…



ふ〜ん。
でも、おにぎりみたいなあたまだな、このおっさん。
かっこ悪い…



な、なんだとこのガキ!
失礼すぎるぞ!



てめぇから血祭にあげてやる…
死ねガキんちょ!



バシーーーーーン!



2号!だいじょうぶか?!

うぅぅ…
だいじょうぶだ…。


だいじょぶそうじゃないぞ。



ベガは全身武器の塊だ。
挑発は危険だ。気をつけろ!



お遊びは終わりだ…。
V3覚悟しろ!


 


ビシュ!



トオリャァァァ!



ぐおっ!!!



まだまだぁ!


やられはせんぞぉ〜!!!



ビシッ!



カキィーン



がんばれ〜2号!



トゥ!!!



V3キィーーーーーック!

ぎゃぁぁぁぁ!



スタッ!



…ショッカーマンセー…。



ドカーーーーン!



うわぁ〜。2号つよいな!
さすがよつばの弟子だ。

何度も言うが、私は君の舎弟じゃない!



おーやっぱりここにいた!

あ〜ぁ、変身しちまったか…。



でもさ、何かちっちゃくね?

ナノ…コンピューターが造ったからじゃねーの?
ワカンネーけど。




それにしても、改造途中のメカをよつばにモデルチェンジ
したなんて聞いてなかったからな。


ちゃんとエミちゃんに頼んだのかよ。


おい…。

いや、ミユキに頼んじゃったんだよな…。
エミとはちょっと気まずくなっててさ〜。


お前、女関係ちゃんと清算したほうがいいぞ。
そのうち、血の代わりにしょうゆ入れられるぞ。



おい!

あ、忘れてた。
すまんなV3、と言う訳で、いったんショッカー基地
で改造しなおした方が良いと思うぞ。


どういう訳だ!



だから〜。
きちんと改造しないと、このままじゃお前ぶっ壊れるぞ!



え、2号を連れて帰っちゃうの?


 



そうだな…すまんなよつば。
2号はちょっと修理が必要なんだよ。


だから、私は2号ではない。



しーっ。



いやだ!2号が帰ったらいやだ!

はぁ…。またこれだ。



ほら、お前からもなんか言えよ。
(可愛くな!)


え!可愛く?! 



あ、う、うん。ゴホン!
ヨ、ヨツバチャン。
ワタシハ チョット シュウリガ ヒツヨウナノ。
シュウリシナイト、ワタシ シンジャウノ。



ぷ!(笑)
笑うなよ…。



死んじゃうのか…?

ソウナノ。



2号死んじゃダメだ!ダメ!

ダカラ、オウチニカエラナキャ…。



良い味出してるな。
なかなかだな。



直ったら帰ってくる?

え?それは…。



ほら!(がす!)
帰ってくるよ!
大丈夫だ!


な?!



ウ、ウン。

そうか…。
よつば、わかった!

まってるから!
よつば、まってるからね!



なんか、泣けてくるな…。
そうだな…。悲しいな…。



よし、いいだろう。
ほい。



ぷしゅ〜ん。



じゃあ、帰るぞ。

ひょい。



ヨツバチャーーーン!
マタネーーーー!

じゃあな、よつば。

2ごーーーーー!
待ってるよ〜!

バイバイーーー!



2号!
へ ん し ん !



ヨツバチャン!
ヘ ン シ ン !



キュイイイイイイイイィ!


 



うわっ!



何をしている!
男に抱かれる趣味はない!何と気持ち悪い!


俺もだよ!!
じっとしてやがれ!トンボ男!


なに?
旧型のクセに!このバッタ男!



まぁ、まぁ…(苦笑)
改造人間同士、仲良くしなきゃ…。
ほれ。(見てるよ…)



あ…おれたち仲良しだよ〜。
心配すんな、よつば!

ははははは…。
ははははは…。
ははははは…。



2号…元気でね…。
よつばまってるよ…。

こうしてV3はよつばの元を離れることになった…。
しかし、また再びその雄姿を我々の前に現わしてくれるだろう!
さらばV3!がんばれV3!

おわり

Date: 2011.12.03 Category: おも魂劇場  Comments (2) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。