FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

U.M.W. ガッツウィング1号

バンダイから新ブランド「U.M.W.(ULTRIDE MECHNICS WORLD)」
がリリースされました。

コンセプトはウルトラシリーズのライドメカをプロップの
イメージのまま各種ギミックを再現したハイクオリティ
メカシリーズとのことです。
言ってみれば、ウルトラメカを中心としたポピニカ魂ですね。

その第1弾がウルトラマンティガの主役メカ


「ガッツウィング1号」
でした。

実は発売されてから3か月くらいたっているんですが、
今頃になってやっと手に入れたので、このタイミングでの
レビュになります。

ティガへの思い入れは、以前の日記で書きましたので
今回は割愛します(笑)が、初めてこのガッツウィングを見た時は
正直「カッコわりぃなぁ…」と思っちゃいました。

だって、黄色くて、ずんぐりむっくりで、変形したらレモン石鹸
みたいなんですよ…ふつうカッコ悪いでしょ。

でもでも、劇中での活躍を見るにつれ「これってカッコよくね?」
と思っちゃうんですよね〜。毎度のことながら。

毎年の新ライダーと一緒ですね。

さて、ブツを見ていきましょうか。



本体にダイキャストを使用してあり、ちょっとした重量感がありますね。
全体的なスタイルは実際のプロップに忠実だと思います。



レモンイエローの機体カラーや細かいモールドも劇中
そのまま、と言った感じですね。
また、機体全体にウェザリング塗装が施され、リアル感を演出しています。

ただ…
機首まわりの汚し塗装…ちょっとやり過ぎかな〜。
キタナイ…



本体と主翼にランディングギアが内蔵されていて、待機状態
が再現できます。
ランディングギアの収まりも良く、スタイルを損ねていません。
こちらも設定どおりのようですね。




こんな感じです。







色んな角度から。




また、ディスプレイスタンドも同梱されているので、
飛行状態で飾ることもできます。



このディスプレイスタンドが結構よくできていて、
ラチェット機構内蔵の2軸可動で、いろんな角度で飾れます。

ギミックを見てみましょう。

キャノピーの開閉



キャノピーは操縦席後ろのパーツを下に押し込み、



キャノピー全体を後ろに下げることで開閉します。



中にはガッツの隊員さんが乗っています。
さすがに塗装はしていませんね…。

機体の変形

スタンバイモード



これがレモン石鹸です。



設定によると翼を閉じることで、主翼の先にあるハイブーストノズルを
推進力とし、単独で大気圏離脱が可能になるそうです。
この形には意味があったんですね〜。

翼を閉じた状態で固定するパーツがないので、すぐグラつくかと
思ったのですが、きちんと形状を保持しています。
(あ、でも横にするとちょっと隙間ができちゃいますね…)

ハイパーモード




主翼が機体横に垂直に配置される姿は機体のスタイルがガラッと
変化するほどイメージが違います。




主翼の裏に引き出し式のフックがあり、本体と接合します。
このギミックで主翼はガッチリ固定されます。

ハイパーモードは主翼の可変三連ノズルを下方向に向ける事で、
垂直離着陸とホバリングを可能にしています。

寸詰まりですが、宇宙船っぽくてこれはこれでカッコいいです。

このガッツウィングには無いのですが、設定ではコックピットが
独立したポッドになっていて、脱出時に使用できるようになっている
そうです。
そこまで再現されてたらすごかったんですけどね〜。
まぁ、劇中で出てこないギミックなので、なくてもOKですが。

精巧なガッツウィング1号のモデルというと、海洋堂から
500機限定で発売されていたコールドキャスト製のモノがありました。
もちろん変形なんかしません。
フライトモード限定のモデルです。

原型を制作したのがティガで本物のガッツウィングを制作した
市原俊成氏と言う事で、とっても期待して購入したんですが、
なんか雰囲気が違ってたんですよ…
何が違うんだろう…ってよく観察したら、尾翼が真っ直ぐなんです。
本来GW1号の尾翼は付け根からV字に広がって設置されているんですけど
このGW1号は真っ直ぐついているんですよ〜。

それが、こちらです。




デカールを張っていないので、素の状態です。

本人が作ったので、このモデルが正しいんでしょうけど、
改めて見直すと、尾翼もそうですがコックピット周りの形状とか、
U.M.Wの方が好みです。

並べるとこんな感じ。



ほぼ同サイズですね。
やっぱりU.M.Wの方がカッコいいや。



海洋堂版にもスタンドがついていたので、タンデム飛行。
ほんとはポピニカのGW1も持っているんですが、今回の
撮影の為に久しぶりに見たら、あまりのクオリティの
差にそのまま箱に戻しました。

最後に…
ガッツウィング1号といえば、その優秀なパイロット
ヤナセ・レナ隊員を忘れてはいけません。



空想特撮少女図鑑のレナ隊員と一緒に。

このレナってかわいいですよね〜。



何となく演じた吉本多香美さんに似ています。



おしりが可愛い〜。

やっぱりガッツウィング1号はレナ隊員と一緒に飾るのが
鉄板でしょう。

と、言う事でU.M.W.ガッツウィング1号のレビューでした。

ティガが終了して来月で14年…。
やっと納得いくガッツウィング1号を手に入れる事ができました。
ティガファンの皆さんには是非購入することをお勧めします!
(今ならアマゾンで2000円くらいで買えちゃいます)

さて、今後もリリースを続けていくU.M.Wですが、続く
ラインナップがモスゴジ的に微妙なんですよね〜。

僕は昭和ウルトラがメインの守備範囲なので、ウルトラホーク1号
がすぐさまラインナップされないのが納得いきません。

ジェットビートルとか、マットアローはギミックが
少ないので、このシリーズには向いていないのかもしれませんが、
ホーク1号だけはお早めにお願いしますね!バンダイサン!


スポンサーサイト
Date: 2011.07.07 Category: ウルトラ  Comments (4) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。