スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

DX超合金 VF-25 アルト機 アーマードパーツ レビュー

数あるVF-25の装備の中でも、一際存在感を放つアーマードパーツ
が劇中のボリューム感そのままについにやって来ました。

待ちに待っていただけあって、いやぁ〜感無量です。

プレミアムバンダイから届いた際には、その巨大な箱と
パーツ数に圧倒されました。

この日の為に、脆弱だった股間パーツの接合部分の強化を図り、
組み立てに挑みましたが、以前のスーパーパーツより、
パーツのホールドが向上していた為、組み上げ自体は
そんなに苦労はしませんでした。
(後で恐ろしい事実に直面するのですが…)

組み上げたアーマードを眺めると、マユゲ…いや、河森監督が
VF-25のアーマードは変形可能にする事が第一コンセプトだと
語っていた通り、3タイプ全てのスタイルに見事にマッチする
デザインはさすが!の一言です。

まずはファイター形態。


機体のほとんどがアーマードパーツで覆われ、威圧的なほど
迫力を増しています。
歪んだ主翼も、完全に隠れてしまうので、
そんな問題があった事さえ忘れそう…。


サイドから眺めると、矢じりの様な尖がったフォルムです。
後部ランディングギアは、脚部アーマーに新たに仕込まれています。


きちんとカバーが可動し、内部からランディングギアが引き出せます。
造型もVF-25本体のモノより格段に向上していますが、
プラ製ですし、色が成形色のままなのでかなりおもちゃっぽいです。


主翼をカバーするメインブースター周りは圧巻で、VF-25が
全く別物に変わってしまいます。


スーパーパーツのブースターは、ノズル内の造形はほとんどなく、
意味不明な穴だけがポチっと開いているだけの、
やっつけ感バリバリでしたが、今回は少しましになっていますね。


速射ビーム旋回砲塔は上下左右に可動します。
こう言う小物の可動は、ディスプレイ時の
良いアクセントになるんですよね。


キャノピーはアーマーパーツを装着したまま開閉可能です。
久しぶりに見たけど、アルト君しょぼいですね…。


胸部及び肩部ミサイルポッドを開くと、赤いポツポツ(ミサイル)が
びっしり入っています。
ポツポツ恐怖症の人は開けない方が良いです。


上部大型センサーも回転します。
差し込み式なので、当たり前ですが…。


付属のスタンドにてディスプレイしたんですけど…
このスタンドってプラ製なので、この重量を載せると左右に揺れて
落ち着くまで時間がかかるんです。
毎度のことながら角度固定なので、やまとのマクロススタンドの様に
好きなは角度でディスプレイする事は出来ません。


でも、確かに化けたなぁ〜。
カッコいいです!
もう、ここまでゴチャつくと全体がどんな形状なのか
分からなくなっちゃいますが…。


スーパーパーツの時と違い、パーツのポロリがほとんどなくて
いじっていてもストレスがあまりありません。
これは進歩ですね。


ただ、ファイター形態でガンポッドをマウントする事が出来ないのは
何とかならなかったのでしょうか?

ガウォークです。



巨大な脚部アーマーのおかげで、DX超合金最大の不満だった
鳥足が出来なくても気にならなくなりました。


各アーマーの重さが半端ではない為、機体後方のパネルの裏に
脚部装甲と連結する補助パーツをつける必要があります。


補助パーツの支柱にはボールジョイントが仕込んであるので
ある程度足を動かす事は可能ですが、ちょっといじると
バランスを崩して倒れてしまいます。

…イラつきました。


また、スタンドにガウォーク用パーツをアタッチすることで
ディスプレイが可能らしいのですが、モスゴジの機体は
ディスプレイにセットしたとたん、脚部の重さに耐えかねて
崩れてしまいました…。
散々チャレンジしたんですが、結局ギブしてスタンドはナシです。
やり方が悪かったのかな…。


それにしても、スーパーパーツとは比べ物にならない
ボリューム感は壮観ですね。

最後はバトロイド。


こいつに変形させる為に、股間パーツの補強を行ったので
アーマーパーツ状態にしても股間が外れる事はありませんでした。



しかし、ここで別の問題が…。
モスゴジのVF-25は、脚の付け根のジョイントがヘタッているらしく
この部分がブースターパーツの重量に耐えられず、
ひっくり返りまくりです…。
ここのジョイントは、変形の度に酷使されるところなので
金属パーツなんですけど、それでも緩んでいたようです。

四苦八苦しながら、何とか自立させましたが、ちょっと触ると
再び後ろにひっくり返って…泣きたくなりましたよ…。

あぁ〜でも、ものすごくカッコいいっす!
まさにアーマードはバトロイドの華ですね。

VF-1のアーマードも、ロボットのパワードスーツと言う斬新な
発想を具現化した画期的なモノでしたが、
それから25年を経たVF-25のアーマードは、VF-1アーマードの
意匠を踏襲しつつ現代の時流に合わせて進化した、
素晴らしいデザインだと思います。

その優雅なフォルムは美しくさえあり、
眺めていて飽きる事がありません。


ミサイル全開の図。

前述の通り、脚部ジョイントが弱っているので、
脚を大きく開けません。
もう少し開けたらカッコいいのになぁ〜。


色々とポージングを試みましたが、これが限界です…。


再販版のVF-25は股間ジョイントの改善などが図られているとの
ことなので、こいつは見切りをつけて新しいのを
買った方が良いのでしょうか…。

そして…
やっと出来た最終回敬礼です。


最終回の再現なら、ミハエル機に付属するスナイパーライフルが
あれば完璧なんですけど、とても手が出ませんよ〜。
ボーナスパーツで付けるぐらい考えてくれてもいいのに!

総評として、アーマードパーツを装着したまま変形が可能で、
パーツのポロリもなく、商品としては及第点なんですけど、
いかんせん中の人の状態がこんなにも劣化しているとは…。

でも、まともなVF-25をお持ちでしたら、是非購入される事を
お勧めしますよ。
アルト機用アーマードパーツは受注限定なんですけど、
オークションにはゴロゴロ出品されているので、
簡単に手に入ると思います。
(おまけに、オズマのアーマードセットも随分お安くなっているようですし…)

これさえあれば、お手元のちょっと残念なDX超合金VF-25が
見違えるほど立派になること請け合いですよ〜!
(別にバンダイの回し者ではありませんが…)
スポンサーサイト
Date: 2009.10.21 Category: マクロス  Comments (5) Trackbacks (0)

RAH ウルトラマン Bタイプ リニューアルVer.



本当にご無沙汰しておりました〜。

結局9月は1回しかブログアップが出来なかったですorz…。

ちょくちょく覗いてくださっていた皆さん、申し訳ありませんでした。

さて、久々のレビュはモスゴジの大好物、
初代ウルトラマンBタイプのアクションフィギュア、
RAH ウルトラマン Bタイプリニューアルバージョンです!

このBタイプは以前もRAHのメフィラス星人に付属する
チケット限定で発売されました。
発売直後の騒動はすごかったですよ〜。
僕の家には1個しか注文していないのに、3個もBタイプが
送られてきました。
原因は配達業者のミスだったみたいですけど、当然余分に
送られてきた分、受け取れない人も多数いた訳で…
えらい事になっていたようです。

結局僕のところには配達業者が余分の2体を受け取りに来ました。
(パクリは犯罪ですので、正直に返却しましたよ〜)

で、その時のBタイプですが、マスクの素材がCタイプと同じくソフビ製
でしたの、ものの見事に歪んでいて、ちょっと残念な完成度でした。

そんなわけでCタイプと同様のリニューアルを心待ちにしていたのですが、
メディコムさんが希望をかなえてくれましたよ。

それでは、じっくり見ていきましょう!


全体のフォルムは、以前のBタイプとほとんど変わらないように思えます。
Aタイプよりは筋肉が強調され、Cタイプよりはちょっとやせ気味の
Bタイプがキチンと表現されています。

本当はウエスト部分にちょっとしたタルミがあるんですが、さすがに
そこまでは再現していません。


いつも思うんですけど、なんでメディのウルトラマンって
首が太くて短いんでしょう…。
実際のマンはアクターのサイズに合わせて、首周りも作られていて
体の割には若干細めなのが特徴なんですけど…。


まぁ、あまりタイトに作ると可動部分などに不都合が生じるんでしょうね。
可動の為のノリシロだと解釈しています。


マスクはBタイプの特徴である、ちょっと釣り上がり気味の目と、
鳥のくちばしの様な口周りが再現されているんですけど、ソックリ!
とは言えない感じです…。

モスゴジが思うBタイプって、もう少し目が小さくてお顔も丸いと
思うんですよね。


また、Bタイプマスクのシャープな頬が丸くなっている所も残念。
ライトのあたり方でここのエッジが見えるのがBタイプマスクの
魅力でもあるんですけど…。


横顔は似ています。

でも、この後頭部のシルバーの形とヒレの形状は頂けないですね。
ヒレはチャックが隠れているんで、これは仕方ないかもしれませんが、
後頭部のシルバー部分は、マンのマスクが
「これはお面じゃないよ。後ろまでちゃんと繋がっているお顔なんだよ」
と主張している部分なので、頭頂部からエラまで
キレイにつないで欲しいですね。
このシルバーはCタイプにはなく、それがCタイプのマスクをお面ッぽく
見せちゃって残念なところだなぁ〜と思うところです。

その他の部分です。


カラータイマーに模様が入って少しリアルになっています。
以前のモノはブルーの透明パーツのみだったんですが、今回は
あの特徴のあるイボ(?)が表現されています。


かかとのヒレもきちんと表現。
まぁこのあたりは常識なんでしょうね。


ちょっと違和感があるのが、腰回りの模様の形状です。
ウエスト中央から矢印の様に模様が入っているんですが、
形状がCタイプのモノと変化がありません。
Bタイプの矢印模様は広く深く入っているんですけど…。
こだわり過ぎでしょうか…。

お次はポージングです。

Cタイプのレビュと同じく、登場ポーズから。


Cタイプより腕が上がる感じがします。
どうやら、今回のスーツ素材はCタイプの時より少々薄く、やわらかく
なっているように思えます。

ファイティングポーズ。


問題なく出来ました。
肩まわりのスーツのダボつきはモスゴジのミスですね。
うまくスーツを逃がしてやれば、もう少しキレイにポージング
出来ると思います。

次は肝心のスペシウム光線のポーズです。


出来ましたよ!
本当はもう少し左肩を上にあげるべきですね…。
でも、Cタイプより明らかに可動域が向上しています。

しかし、このフィギュア、あくまでも
「一寸だけポーズを取らせて楽しむ」
でやめておいた方が良いと思います。

撮影の為のポージングしかしていないのですが、
関節が折りたたまれる部分や、
極度に引っ張られる部分の塗装がうっすら剥げてきました。
このままポーズを取らせて飾って放置…なんかしたら、取り返しが
つかなくなりそうで怖いです。

まぁ、こんな所もメディらしいと言えばそれまでですが…。


もっと猫背にしたいんですけど…。
姿勢の良いウルトラマンでスミマセン。

最後に。

パッケージから出したままのBタイプは、とてもなで肩です。


ちょっとなよっとしていて、カッコ悪いですよね。
これ、簡単に直せます。

ボディをしっかりと保持したうえで上腕部分を持って、ググッっと上に
あげてみてください。


あくまで、様子を見ながら少しづつですよ!
勢いをつけてしまうと破損します。

RAH301改(素体)は肩にも上下・前後への関節が仕組まれているので、
このように肩位置を移動させる事が可能です。
これを利用していかり肩に変更します。
また、前後にも動くので、スペシウムの時の腕を前に出すポーズも
簡単に再現できるはずなんですけど…うまく動きませんでした。

このBタイプの場合、スーツの影響が比較的弱いので、丁寧に動かせば
いい感じのポーズをつけられると思います。

ぜひチャレンジしてみてください。
(万が一の破損には十分注意してくださいね)

では、今回はこんなところです〜。


目とカラータイマーを光らせてみました。
(あんまりうまくいってないですけど…)

では!
Date: 2009.10.03 Category: ウルトラ  Comments (6) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。