スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

おも魂劇場 番外編 「ケロロ軍曹 歴史的人物を語る」


ゲロゲロ…
ペコポン人の諸君、ごきげんよう。
ケロロ軍曹であります。

今日から始まるこのコーナーは、
ペコポンの歴史を彩った様々な人物に
スポットを当て、我輩独自の解釈で語りつくす…
題して…


「ケロロ軍曹歴史的人物を語る」
であります。


記念すべき第1回は、今から遡ること50年前に
異星人同士の戦火の中、敵味方の人々をその歌声で魅了し
戦争終結への大きな役割を果した、伝説の歌姫こと
「リン・ミンメイ」について語るであります!

我輩、クルルのペコポンアーカイブの中から
「第一次星間戦争」の資料を見つけ、
初めてミンメイちゃんの存在を知ったであります。

そして、この突然現れた女性アイドルの事を調べるにつれ
かくも悲しい彼女の数奇な運命に惹かれてしまったのでありますよ…。

そりでは、行ってみよ〜!!!


リン・ミンメイ。
1993年10月10日に横浜で生まれる。
15歳のとき、マクロス進宙式見学の為に訪れた南アタリア島にて、
SDF-1マクロスの先制攻撃により始まった、
いわゆる「第一次星間戦争」に突然巻き込まれる。

開戦直後、自身を救助した当時まだ民間人であった
一条輝と出会い、ともにマクロスに乗艦するのであります。


性格は明るいが世間知らず、さらに悪いことに
人の気持ちが良く分からないと言った自己中な娘でありました。


おい…それはほとんど○ィキ○ディアからの
引用では無いのか!


だから何だってんだよ!!!
うるせ〜んだよ!!!

ぐえ〜!


うるさい赤ダルマは放っておくであります。


そうそう、マクロス艦内で一条くんと取り残された時も、
自身の将来に悲観して、死ぬ前にせめて結婚式をさせろと
一条に詰め寄るも、救出されると同時にそのテンションも
なんのその、あっけなく一条くんへの気持ちは消えさるのであります。

何とまぁ〜いまどきと言うか、何というか…。
お顔は確かにカワイイでありますが。


マクロスは敵から逃れる為に、月に向かってフォールド航行を
行うんだけど、冥王星付近まで瞬時にフッ飛ばされちゃうのであります。
おまけに、初めてのフォールドでミスっちゃって
フォールドエンジン自体を失ってしまったのでありますよ〜。
まさに、未熟なペコポン人らしきあり様。
ゲロゲロ〜。

それでもマクロスはペコポンに帰ろうと、
追撃する敵に応戦しながら通常航行で帰路に就くのであります。


そんな中、ミンメイはマクロスの艦内の中で行われた、
ミスコンで優勝して芸能界に入り、一気にスター街道を
まっしぐらと突き進むのであります。


え?
もっとキャラの内側をえぐるような面白い話をしろ?
でありますか。
そうねぇ、アイドルって言ったらやっぱスキャンダルっすよね!


例の結婚式のくだりで、ミンメイへの想いが強まった一条は、
彼女を守る為にあれだけ嫌がっていた統合軍へ入隊するのであります。


その後、二人の距離は急接近したか…に見えたのでありますが…。
ミンメイは、何とも想ってなかったんですなぁ〜。
おともだち…だと。

こんな写真を取られちゃったら、一条くんも誤解しちゃうでありますなぁ。


もともとミンメイは天真爛漫な性格でありまして、
自分の事を大好きな一条くんの気持ちも知らず
映画を共演した、従兄のリン・カイフンと良い仲になってしまう
のであります。


あぁ見事に振られる一条輝。


でもさぁ!ペコポンでの最終決戦の直前で告る一条も
一条だけどさぁ〜。
「おともだち」は無いんじゃないの?!
あんた!


軍曹さん、興奮しすぎですぅ〜。

おおぉタママ二等。
我輩、ちょっと感情移入しちゃったであります。


歌で敵方の士気を下げ、その間隙を突く戦術
いわゆる「ミンメイアタック」でマクロスは辛くも勝利し
その後、ペコポンは巨人族ゼントラーディーと和平を
結ぶのであります。


でも…
ここからミンメイの凋落の日々が始まるんだよね…。


戦火の為に荒廃したペコポンで慰安の為に地方を
訪れる毎日…。
あれだけ素敵だったカイフン兄さんは酒浸りで
アル中寸前…。
まるでデビュー直後の新人アイドルの様なドサ周り
の日々に嫌気がさしたカイフンはミンメイの元を
去るのであります…。


そんな中、ペコポンのとある街で、昔自分を好きだと告ってくれた
一条中尉と偶然再開するも…


彼には新たな恋人が…。

歌への希望も、恋もすべて失ってしまうのであります…。
傷心のミンメイ…。


我輩、ここのくだりは涙を禁じえないであります。
悲しき女の人生って感じであります…。


うぅ…そうだったのか…
なんだか可哀そうだな。


でしょ!赤ダルマ!

誰が赤ダルマだ!


折しもペコポンでは此度の戦争で人類滅亡の危機を体験したんで、
その種を絶やすことのないよう大宇宙への移民計画が
進行していたのであります。


その1号艦が悲劇の超長距離宇宙移民船団旗艦、
メガロード級移民船1番艦メガロード-01
だったんだな…。

あれ、それ我輩のセリフじゃん!


軍曹さんの代わりに焼き入れとくですぅ〜!

ドガァ!
ぐぉ…


全てを失ったミンメイは悟ったのですなぁ…
自分には歌しかない!と。


戦争終結から2年後の2012年、ミンメイは新天地を求め
メガロード-01への乗船を決意し、ペコポン全土で
「さよならサマーコンサート」を行ったのであります。

このコンサートであの名曲「天使の絵の具」が
発表されたんだよね…。


この曲を歌うミンメイの顔は希望があふれてて、
我輩、大好きであります!
見てみて!ブロマイド〜!


で、軍曹さん、メガロード-01はどうなったんですかぁ?

うん…。
メガロード-01はペコポンを出港してから4年後の2016年に
銀河中心部分に到達するも、そこで連絡が
途絶えてしまったのであります。


え〜!
ミンメイさんは?

消息不明であります…。

そんなぁ…。

だから、メガロード-01は悲劇の宇宙船団と呼ばれるのであります。


でも、我輩は信じているであります!
この宇宙のどこかで、今もミンメイさんは人々を希望にいざなう
歌を歌い続けているに違いないであります!
あ〜逢えるものなら逢ってみたい!


そんなに気になるなら、これ使うかい?

そ、それは…


目標を設定すれば、ブラックホールの中までも探索が可能な
ニュートリノ式ドップラービーコン!


そんなの使っちゃダミダヨ〜!
CRAAAASSH!!


ロマンのかけらもない、黄ガエルは放っておくであります。


でも、僕ミンメイさん主演の映画を観ましたよ〜。
軍曹さんのお話とちょっと違うですぅ。

おお、タママ二等よく勉強しているでありますなぁ。

あれは、「第一次星間大戦の戦勝20周年を記念して作られた映画」
であります。
いわゆる、ちょ〜っと脚色されているので
ミンメイはとっても良い娘になっているのであります。
一条中尉への一途さは観る者の涙を誘うのでありますが、
ホントはもっとドロドロネバネバだったらしっすよ。

お勉強になりましたぁ〜。


いよいよシメであります。

ペコポンの民は忘れてはならないであります。
歌に生き、戦火の中波乱の人生をおくった
銀河の歌姫がいたことを。
どんな試練が来ようとも、力強く立ち向かったその姿を…。


いいお話ですぅ〜!
隊長殿…素晴らしいまとめでござる…。


さ、ミンメイちゃんについてお勉強したところで、フィギュアどうッスか?レアものッスよ!
ブロマイドもつけちゃうよ!お値段は勉強しまっせ〜!

今ならケロンファイナンスで分割も可能!
金利手数料はもちろん負担してね〜!


え…。

お前…。

ケロロくん…
結局要らないモノを売り付けたかったんだね…。


あれ?ドロロいたの?

全然気がつかなかったですぅ〜。

さすがアサシンだな…。
毎度のことながら、凄まじいステルス能力…。

うぅぅ〜最初からいたよう…。


と、いうわけで我輩ケロロ軍曹がお送りした
「ケロロ軍曹歴史的人物を語る」第1回はいかがだったかな?

愚かなペコポン人諸君。
第2回目も我輩の鋭い洞察力で語られる偉人達の歴史小話を
聞かせてくれるであります!
楽しみにしてくれたまえ。
それではゲッゲ〜ロ〜。


てゆぅかぁ〜 温故知新?
スポンサーサイト
Date: 2009.07.22 Category: おも魂劇場  Comments (6) Trackbacks (0)

ま、まじですか…

先日のメディコムトイ・エキシビジョンで発表されていた
アキラの主人公「金田」ですが、なんと同スケールのバイクも
発売される様です〜。

明日から一般公開される東京おもちゃショー2009で
展示されるようなので、見に行かれる方は
情報ください…。
(ブログでお願いスンナ…)

東京おもちゃショーのビジネスデーに展示された
金田バイクの画像は、双葉ちゃん♪にアップ
されていましたので、ご興味のある方はどうぞ…。

まだ原型段階の画像ですが、見た限りは普通に
良く出来ている感じでした。
今度こそ、ライトギミックなど付けて欲しいですね〜。

金田のバイクは先日のサイクロンよりもボリュームがあるので、
サイズはかなり大きなモノになると予測します。
展示場所に困ること必至…。

それにしても、非常に心惹かれるアイテムである事は
間違いないのですが…。

一体、いくらになるんでしょうか???

正式発表を待つ事にしましょう〜。
Date: 2009.07.17 Category: 日記  Comments (4) Trackbacks (0)

RAH 仮面ライダー旧1号 Ver.3.5 & サイクロン号 がキマスタ

ついに、RAH仮面ライダー旧1号Ver.3.5&サイクロンセットが
到着しました。


メディコムエキシビジョンで実物はみていたのですが、
この箱が…デカイっす〜!
(携帯と比べてください)

発砲スチロールでモナカにされて、ライダー本体と
サイクロンが収まっていました。

これ、サイクロンの角度を縦にしたら、もう少し箱が
小さくなったんじゃないですか?
デカイと仕舞場所にホントに困るんですよ〜。

ま、それは置いといて…。

早速レビュ行きましょ!

メディエキシビジョンでは、サイクロンにまたがった状態で
展示されていたので、ライダー本体の詳細を見るのは
これが初めてです。

その出来ですが…。


劇中の旧1号より、かなり脚が長いですね…。
おまけにちょっと腰周りも細くて、素立ちにすると
下半身がとても貧弱に見えます。


スタイルはとても良いので、これはコレであり何でしょうけど、
実物の再現…となると、もう少し下半身を何とかして
欲しかったですね〜。


これって、サイクロンに跨る事が前提のプロポーション
じゃないか…と推測してみます。
(脚が長くないとステップに届かない・・・とか)

でも、不満点ってそれくらいなんですよ。
今回のVer.3.5はモスゴジも90点上げたくなるくらい
旧1号をいい感じに再現していると思います。

特にマスクの造型が良いです!

思い返せば、Ver.1.0のコンセプトは良いのだけど
残念ながら造形力が追い付いていない、まん丸なマスクから
始まり、その後色んな旧1号を買わされました…。

  
歴代旧1号です。


Ver.1.0以外はそれなりに気に入り、納得もしてましたけど
コイツはちょっと別格なほどよく出来てる〜と、褒めちゃいます。

マスクの造形は、それまで「やんなくても良いのに…」と、
多くの人々に思われていたであろう、
クラッシャー歪み表現を封印したようです。


本来の原型(劇中の)をきちんと装着した際の
ライダーが表現されています。


Ver.3.0の歪み表現も、気持はわかるんですけど、
キチンとした旧1号が欲しいユーザーにしてみれば
そのままのライダーの再現物を期待しているところにね、
何かお顔が歪んでるモノを「どうだぁ〜」と見せられてもね…。

もっと基本的な造形にこだわって欲しいのにぃ〜。
まさに主客転倒と言ったところでしょうね〜。

あくまでも、モスゴジの主観ですけど…。

このVer.3.5は白浜海岸でサイクロンとの特写撮影が
行われた第3話のころを再現しているようです。


なので、タイフーンのエナジーコンバーターにスイッチ類がありません。

どう言う理由かは分かりませんが、比較的初期の頃から
ベルトにはこのスイッチ類が無くなっている様です。
ただ、この頃のタイフーンには透明カバーがすでに付いていましたが、
このフィギュアにはついていません。

ホントに3話のライダーを再現しているのか…
確かな事は分かりませんね。

また触覚ですが、これもVer.3.0では真っ直ぐなモノでしたが
こちらでは先端に突起があるモノに変更されています。


ただ…。1話でもこの突起が付いた触覚が映っている
カットがあるんですよ〜。
この突起のある触覚は旧1号中期以降のモノと思っていたのですが、
最初から使われていたんですね…。

エラが張り出していなくて、顎が引き気味なクラッシャー形状は、
どちらかと言うと1話のマスクに近く、3話のモノとは違います。
ま、このフィギュア自体がVer.3.0の修正版のようなので
あんまり細かい考証は意味がないですけど…。

でも、これが自分としての旧1号のイメージに
とても近いので大満足です。

ポーズを付けてみました。


カッコいいなぁ〜。

Ver.3.5のスーツですが、前回よりさらに改善されています。


スーツの薄さは前回同様なんですが、伸縮性が向上していて
可動にあまり干渉しません。

ただ…薄くて伸縮性が高いってことは…すなわち劣化速度も
速い…と同義になるのがこのメーカーなので、注意が必要でしょうね…。


で、その伸縮性を活かして、もう二度とこんなポーズは付けないであろう
「ライダーキック!」です

次に今回のフィギュアの超目玉!
サイクロン号です。


平成のサイクロンもカッコ良くて大好物なんですが、
モスゴジがサイクロンと聞いて、はじめに連想するのは
やっぱりコイツですね〜。


このサイクロンのウェザリング具合を見ると、やっぱり3話の
特写を元に製作されたことが良く分かります。


白浜海岸で撮影されたサイクロンは、まだダメージが
少なく製作時の面影をとどめています。
マフラーのオイル汚れなど、そのまんまって感じに再現していますね〜。
サイクロンのマフラーは6本あるのですが、
本物は上の1本だけのようです。


なので、1本目から出た汚れが下の2本に垂れてしまった為に
こんな汚れ方になったんですね。


謎の赤い汚やフロントフォークの青い汚れも再現。
細かいです…。




さすがお高いだけあって、細部にわたって
気が配られています。


ステップにも泥汚れが…。


エンジン回りも細かく再現されています。
ちょっと汚いね…。


シートの質感も非常にそれっぽいです。


まぁ、この商品の定価が48,000円ですよね。
内ライダーは17,800円くらいなので、単純に30,000円するんですね…
このサイクロン。


それじゃぁ、こだわりまくって貰っても当然ですね…。
とほほ…高いなぁ〜。(買ってから実感)

さて、ライダーを乗せてみましょう。
まずは、白浜海岸での有名スチールを再現します。


実際は立っている場所が斜面で、ライダーが足を曲げて
バランスを取っているのですが、こちらは直立ちで…。

次は…
まさに跨るところです!


う〜ん!
こりゃぁ良く出来ている!


ライディング用にブーツパーツが3つ付属しています。
そいつを使うと、スタンドを立てずとも自立するんですよ〜。


いやぁ〜こんなすごい(値段も)フィギュアが発売されるなんて…。
本当に長生きして良かった…。
そして、こんな高額なおもちゃが発売された今、
大人になっていて良かった…。
(子供じゃどう逆立ちしたって買えないッス…)

これだけこだわって作られたライダーとサイクロンなので、
もう少し頑張ったら、それこそ資料的価値を持つまでに至れるのに〜。


メディコムさん。
これからもがんばってくださいね!
期待してます!応援してます!(なんだこの〆かた…)

おまけ…。


サイクロンに乗せるため、ブーツ差し替えした時に
素体足首にかまされている延長リングを
はずしてみました。

ちょっと脚が短くなってこっちの方がプロポーション良いッスよね!
Date: 2009.07.12 Category: 仮面ライダー  Comments (11) Trackbacks (0)

griffonさんにお会いしました!

日記に書くのがちょっと遅れましたが、先日東京駅で
色々とお世話になっているお友達のgriffonさんとお会いしてきました〜。

griffonさんもブログでお書きになっていたのですが、ネットでの
お友達とのオフ会(?)は初めてでしたので、僕も緊張してました。

ネットでは良い人だけど、実際の人物はスッゲー
怖い人だったりしたらどうしよう…。
せっかく時間を作ってもらったのに、
話がかみ合わなかったらどうしよう…。
などなど…妄想していましたが、お会いしたgriffonさんは
と〜ってもおしゃれな紳士でした。

僕よりずいぶんお若いのですが、共通の趣味を持つ者同士で
楽しくおしゃべりができましたよ。

おまけに、鼻血が出そうなお土産までいただき、
本当にありがとうございました。

何か見たいモノがあれば…との事でしたので、griffonさん
手作りの1/12サイクロンと、MR改造のショッカーライダーを
見せて頂きました。

griffonさんのブログではいつも拝見していたのですが、
実物のサイクロンを目の前にして、ちょっとぶっ飛びました。

まるで、プロの原型師が製作したような精巧なディティール、
金具ひとつ取ってみても、神としか思えない凝りようでした。

はぁ…。
僕にも1/100で良いのでその腕を分けて欲しいッス…。

さて、画像は当日見せて頂いた製作途中のサイクロンです。


コレだけでもずいぶんカッコいい〜!

ショッカーライダーも神の完成度でしたが…写真撮り忘れ…。

1時間ちょっとお話をさせて頂きましたが、後になって思うに
もっとモデル作りのノウハウについて伺えば良かったと…。

今度お会いする時は、聞きたい内容をメモっていかなきゃ!
と、いう事でgriffonさん、またお話しましょう〜。
Date: 2009.07.10 Category: 日記  Comments (3) Trackbacks (0)

KERORO FIX KA-006 ガルル専用ケロンアーマー

さて、今回のおも魂は…
3機目のケロンアーマーのご紹介です。


今回はケロロ軍曹18巻に登場し、ケロンアーマーの威力を
世に知らしめた(?)KA-006ガルル中尉専用ケロンアーマーが
発売になりました。




設定的にもKA-006sのカスタマイズ機と言う事で、
基本的なデザインや装備は軍曹専用のモノと同じなのですが、
機体カラーがガルルのカラーである「パープル」で塗装され
マーキング類もガルル専用のモノに変更されています。


また、キャノン砲が長距離ビーム砲のハイパーメガキャノン
に変更され、スナイパーであるガルルのスタイルと
マッチングさせています。

長いですね〜。




しかし、カラーリングが違うだけで、こんなにも雰囲気が変るとは…。
軍曹のときは、カッコ可愛い感じだったんですが、
ガルル中尉の場合、クールな感じが漂うから不思議です。


このハイパーメガキャノンは、取り外してガルルに
持たせることができます。


さすがにスタンドを使用しても、ガルル単体でこの長モノは
保持する事は出来ないので、キャノン自体をスタンドに固定して
ガルルに持たせる仕様になっています。

ケロロ軍曹の中で一人シリアスな軍人キャラの
ガルルだけあって、こんな無茶な設定でも似合っていますね〜。

さて、ガルギロ兄弟のケロンアーマーが揃ったところで…。



ギロロ、それがお前のケロンアーマーか?

そ、そうだ。


部隊の先頭に立ち、敵陣を突破する為の突撃型重武装マシンか…
貴様らしいな…。

それが機動歩兵の役目だからな。

しかし…


腕はあった方が良いと思うぞ…。

お前もそれを言うか〜!!!



と、いう訳でケロンアーマーも3機揃いました〜!
やっぱり、3機並ぶと壮観でありますな〜。

忘れたころに新規リリースされた本製品ですが、
次はそろそろケロロ小隊各隊員用のケロンアーマーを
出してほしいところです。

お願いしますよ!バンダイさん!
Date: 2009.07.07 Category: ケロロ軍曹  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。