FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

メディコム・トイ エキシビジョン ’08に行って来ました



毎年恒例のメディコム・トイエキシビジョンに行ってきました。

このイベントに行くのは、今回で3回目です。
毎年新しいアイテムが展示されるので、それなりに楽しみにしている
イベントです。

さて、そんなメディエキシビジョンですが、モスゴジ的に今年はハズレ
でしたね〜。

会場は毎度渋谷パルコなんですが、今回はスペースが小さく展示物
の数も少なかったです。

僕はウルトラ系、ライダー系、映画系のRAHに興味があるのでその他
は特に気にしないのですがそれにしても全体的にクオリティが
低いのが気になりましたね。

まぁそんなエキシビジョンですが、気になったアイテムをカテゴリー別
にして感想を書いていきます。
写真撮影が禁止の為、うる覚えでのレポなので、こぼれもあるとは
思いますがご容赦ください。

まずウルトラ系のレポートです。

セブン、新マンは既に発売されたモノの展示。
新作は、Aの北斗、エースキラー、ウルトラの父、タロウ、レオ、
Cタイプリニューアル、フジ隊員でした。
実のところ、新マン以降のウルトラにはあまり興味がないので
どうでも良いのですが、これは!と言うものはなく、どれも
そこそこの出来ですね。

特にタロウは、全体のプロポーションバランスが悪い上に、
マスクの造詣があまりに今一…。
リアルタイムで喜んでいたウルトラマンではあるのですが、大人に
なった今となっては成田デザインをぶち壊したA級戦犯くらい
にしか思えないのでどうでも良いのですが…。

一番気になっていたCタイプリニューアルですけど、期待していた
マスクの新造型は行われていないようで鼻ペチャ造型は健在でした。
このCタイプ、素体の間接強化の改良を行っているとの事でしたが、
仁王立ちの展示で、肝心の改良具合は確認できませんでした。
(たぶん、上手くいかなかったのでしょう)

次に気になっていたのは、フジ隊員。
Cタイプの初回購入特典なんですけど、原型はアンヌ隊員に引き続き、
天才原型師の林浩己さんです。
サンプルは良い出来でしたが、アンヌの結果を鑑みると、製品版には
まったく期待できなさそうです。
サンプルは手塗りでまつ毛一本づつ丁寧に塗られていましたが、
たぶん製品版で再現されることはないでしょう。

林氏は確かに天才的な原型師ですが、氏のフィギュアは精密な
塗装を行ってこそ成立するものです。
決してメディコムの量産印刷レベルで再現できるものではありません。
女性フィギュア⇒最高の女性フィギュア原型師…と発想するのは
理解できますが、己の生産ラインの現状と照らし合わせて考えて欲しいと思います。
(クールガール、レディースミッションの失敗をよく勉強して欲しいです)

量産化を行ってもクオリティを落とさない造型を行える原型師は、
僕の知る限りハマハヤオ氏しかいないと思います。
ハマ氏が原型を勤めた、ビリケンのアンヌ隊員、フジ隊員はある程度
簡略化した原型にこれまた多少漫画チックに簡略化された
印刷を乗せる事で、スーパーリアルではないものの、
万人がイメージするキャラクターの再現に成功しています。
これは、原型の段階から量産時点の事も考えて造型を行っている
結果だと思います。
まさに、ハマ氏はプロ中のプロですね。
そんなことを考えると、なぜ、原型をハマ氏に依頼しないのか
不思議でなりません…。

ライダー系にいきましょう。

ライダー系は色々展示されていましたが、興味があったのは
THE NEXTのショッカーライダーくらい。
ショッカーライダーは申し込んでいないので、どの位の出来か
気になっていました。
(すごく良かったら欲しくなるかも…と思っていました)
PBM!のNEXTシリーズはおおむねハイクオリティで、
ショッカーライダーも良い出来でした。
実物を見ても特に欲しいとは思わなかったので、
これもどうでも良いのですが…。

映画系です。

懲りもせず再びバットマンをリリースするようです。
ダークナイト版の新コスチュームは分かりますが、ビギンズ版の
リニューアルには正直「ふざけんな!」と思いました。
クオリティの低い商品を出した結果、他社の攻勢に慌てて改良版を
出し、さらにお金を取ろうなんて…。
PCのソフトの様に、バージョンアップ料金で購入できるくらいにして
欲しいです。
そうじゃなきゃ、ただの自己満足をユーザーに押し付けている
としか思えない。

ダークナイト版はビギンズ版より一回り大きい印象です。
しかし、頭部サイズが大きくてバランスが悪い。
各々の造型は良いとは思いますが、メディコム版を購入する
理由はありません。
タカラやホットトイズからもっと良いものが発売されるのが
分かるから…。

リニューアルのビギンズ版ですが、頭部造型が変更されています。
確かに、旧版よりは良くなっていますが、やっぱり頭でっかち…。
GCバットマンを持っている以上、これも購入する理由がありません。

やっぱりと言うかブルース・ウェインも展示してありましたが…。
もう、いらないですよ、こんな完成度なら…。
このまま続けても毒舌な感想しか出てこないので、
さっさと次にいきましょう。

映画系で気になっていたのは、インディ・ジョーンズシリーズです。
若かりし頃のインディ(リバー・フェニックス)、
大人のインディ(3部作のハリソン)父ヘンリー、
クリスタルスカル版インディとマットとラインナップは豊富でした。

インディのフィギュアはその昔トイズ・マッコイから発売された
(最高傑作です!)もの以上の完成度なら購入に値すると
思っていました。
で、展示物を見た感想としては…。いらないです。
余計なお金を使わずに済みました。

理由は頭部造型が似ていない!これに尽きます。
また、こちらも頭でっかち!
スターウォーズシリーズのフィギュアも展示してあったのですが、
総じて人物フィギュアは頭がでかいんです。
RAH301改が小ぶりな素体であることは周知の事実では
ありますが、もう限界なのではないでしょうか?
体格の良い外国人を表現するには、素体から変更しなくては
無理ですよ…。

他にも色々展示されていましたが、一番良い出来だなぁと
思ったのは、キャプテンハーロックですね。
これはとても良く出来ていました。
お顔もそっくりでしたし、体格・体型もそっくり!
あの細めのトリも肩にとまっていました。
中学の頃999のヒットと共にハーロックも好きでしたが、
今となっては購入までにはいたりませんが…。

文章だらけで毒舌満載のレポートになってしまいましたが、
今年のメディコムエキシビジョンは
こんな感じでした…。

こんな内容で入場料300円はぼったくりな気がします…。
でも、たぶん、来年も行きます。
響鬼さんのときの様なびっくりする新作を期待して…。
何だかんだでこのメーカーには期待しちゃうんですよね…。
悔しいですが。
スポンサーサイト
Date: 2008.06.28 Category: 日記  Comments (6) Trackbacks (0)

あまりにショックです…

神戸みゆきさんが永眠された事をたった今知りました。


非常にショックを受けています。


 


神戸さんは響鬼の立花日菜佳役で、僕に元気をくれた明るくてキレイな女優さんでした。


未だ24歳という若さで心不全でお亡くなりになったそうです。


あまりのむごさに言葉を失いました…。


 


そして、もうひとつ重大な事実を受け入れなくてはいけなくなりました。


もし、響鬼の続編が見られる時が来たとしても、日菜佳がもういないなんて…。


響鬼の物語の中で、日菜佳の存在は非常に大きく、僕の中では完全に響鬼は


終わりを告げてしまいました…。


 


神戸さんのご活躍は響鬼以外にはあまり知らなく、自分勝手な思いだけでショックを


受けてしまい、ご本人には大変申し訳なく感じてしまいます…。


そんな自分勝手な気持ちの中で申し訳ありませんが、心からお礼とご冥福を


お祈りしたく思います。


 


神戸さん、立花日菜佳を演じていただき、本当に有難うございました。


どうか安らかに御休みください。

Date: 2008.06.22 Category: 日記  Comments (4) Trackbacks (0)

プロジェクトBM! 仮面ライダー THE NEXT 2号



遂にと言うか、やっとと言うか…仮面ライダーTHE NEXT観ました!!!

で、感想なんですが…THE FIRSTよりは、まし…ってところでした。

前回のFIRSTが仮面ライダー+恋愛でイマイチだったのに対し、
NEXTは仮面ライダーの原点である「怪奇性」を前面に
押し出したようです。

NEXTは21世紀のライダーなので、怪奇性も現代の感覚に合わせて
表現するのがベスト、と制作サイドは結論付けたようで、
いわゆるJホラー的なグロテスクな映像が随所に登場します。

ライダーの基本に立ち返って、怪奇性をメインに持ってくるのは賛成(恋愛なんかよりライダーらしい)
なのですが、僕が思う旧1号が持っていた怪奇性って、
「リング」に代表されるような気持ち悪い怖さとは
ちょっと違う気がします。

子供のころ、コウモリ男の目だけがギョロっとしているのが
とても生々しく、暗い映像と相まって本当に怖いと感じたのを
思い出します。

つまり、旧1号の怪奇性って、心理的な恐怖
(それはNEXTにもあると思いますが)
と怪人と言う異形のキャラクターが持つ独特の
怖さだと思うんですよね。

それがNEXTでは、どこかで観たホラー映画の焼き直しと、
グロテスクなキャラクターで見せているところが非常に残念でした…。

また、今回も脚本の出来が悪いのが気になりました…。
複数のストーリーを同時に進行させ、結局薄っぺらくも
まとまり切らなかった前回に比べれば、多少整理されてはいますが、
当然重要視されるべき前作から2年が経過した本郷、一文字の物語
に関しては、表面をなぞるだけと言う感じで、全く消化不良です。

ユーザーが何を知りたくて、何を観たいのかを
今一度良く考えて頂きたい!(チョッとコウフン気味)

ショッカーライダーはあまり期待していなかったので、
初戦闘で見せた「マトリックス」のエージェントスミス的な
コンビネーション攻撃は感心しました。
でも…1号が弱すぎます…。

ショッカーライダーがエージェントスミスなのであれば、
1号はネオであって欲しかったなぁ…。
果敢に戦うも、数に圧倒され退却、なら納得いくのですが、
散々タコ殴りにされて逃げるように退散…
これは無いんじゃないですか〜。

ほんと、良く考えてください!

グチグチと書きましたが、本日のテーマは
「PBM!仮面ライダー THE NEXT 2号」のレビューです。

実は、今回のNEXTで一番お気に入りのライダーは2号なんですよね〜。
映画の中でもめちゃめちゃカッコ良かったです!
リジェクションで苦しみつつも、本郷との友情に殉じ戦い続ける姿に惚れました(笑)。
色味が渋くなってカッコいい!アクションが派手でカッコいい!
おまけに強い!
これがグッと来ずに、何がグッと来ると言うのか?と言う位惚れました。

そんなNEXT2号のレビュなので、チョッと力が入ります〜。

ご存知と思いますが、このNEXT2号は1号の購入者特典として
初回購入チケットで手に入る限定フィギュアです。
メディコムが発売する2号って、いつもこの初回購入チケット限定
なんですよね。(旧2号は違うか…)
当然割引もないので、定価での購入になりちょっと割高感があります。(それが普通なんですが)

モスゴジも1号購入後、直ぐに申し込みをしましたので、
手に届くまで5ヶ月ほど待ちました。

それでは、やっと届いたNEXT2号を見て行きましょう。




全体のフォルムは、やけに身長の高かったFIRST2号から改良され、若干小ぶりになっています。


1号との身長差がこのくらいの方が劇中に近いと思うので、
よい感じです。

FIRST2号と比べて見て思ったのですが、NEXTになってスーツの質感が良くなっていますね。
FIRST2号のスーツはは今までのメディコムライダーフィギュアに使用されてた様な、マットな質感だった
のですが、NEXT版では艶のあるスーツに変更され、より劇中に近いものになっています。
またこのスーツ、触った感じがFIES版より少し硬い印象を受けました。
(可動がきつそう…です)

実際に使用されたスーツは、薄手のビニール素材の様なスーツらしく、全体に艶がありって細かいシワが出来ています。
先日発売された旧1号Ver.3のスーツ素材に光沢感が出せれば、
それでかなり近い形に再現できたとは思うのですが、新素材開発までには至らなかったのですね…。
残念。

また、マフラーがFIRST版より長くなり、良い感じに落ち着くようになっています。
(それまではマフラーが短い為、少し前方に浮いてしまっていました。1号はこの状態です)


一文字がシコシコ消したであろう、ショッカーマークの表現。

そして1号を含め、NEXT版の最大の特徴であるマスクのダメージ表現を見てみましょう。

1号のレビューの際にも記しましたが、メディコムのエキシビジョンで見た試作品は、手塗りの一点ものでしたので、かなり完成度が高いものでした。


量産品になり、ダメージ表現はプリント処理さるので、
その出来がとても気になっていたのですが、手に取ってみると、
なかなか良い感じに再現できていると思います。
なんだか、メディにはいつも期待して裏切られているので、
変に拍子抜けしてしまいました…。
やれば出来るじゃん…と。

ただ、プリント以外のウェザリング処理はちょっと頂けませんね…。
適当に汚しましたが何か?と開き直られている感じです…。
まぁ、量産品なのでこんな物でしょうか。

クラッシャーは、一文字の吐血がこびり付いている設定ですが、
さすがにやりすぎるとキモイのでこの程度で良いです。


出渕氏の設定どおり、ヘルメットのラインがFIRST版と変わっている。

そして、なにより特筆すべきは、この商品には不良箇所が
ありませんでした!
これ、嬉しいです。最近の僕が購入したメディ製品の不良率は
20%程度まで落ちて来ています。
これもやれば出来るじゃん…です。

次に可動ですが、少々厚めのスーツと素体の間接の弱さが
相まって、あまり動きません。


(肘間接がちょっと弱いです…)

これは2号に限った話ではありませんが、スーツに改良が加えられないのであれば、そろそろ素体を見直して欲しいです。


今夏に発売される「ウルトラマンCタイプリニューアル版」は、
素体の肘部分に金属パーツを使用してポーズの固定が出来るよう
改良するそうですが、今すぐやれ!と言う感じです。


(最終決戦で吐血前に力を入れたポーズです〜)

まぁ、それでもポーズをつけるとフ、ィギュアも生きてきますね〜。
ほんと、NEXT2号はカッコ良いです。


香港製パチヘッド装着。これ、結構似てます。


最後は本郷君と仲良くツーショットで〜。

Date: 2008.06.08 Category: 仮面ライダー  Comments (6) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。