FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン

今回はメディコム・トイのリアルアクションヒーローズ「帰ってきたウルトラマン」です。

ボクは結構いい歳なので、帰ってきたウルトラマンは「ジャック」ではなく
「新マン」と呼称する世代です。
 今では好きなウルトラマンの3本の中に入る新マンですが、
子供の頃は初代マンに比べひ弱になった体型と、ブリーフの様な腰の模様に
「ちょっとかっこ悪い…」と引いていました。

 また、子供の目にも回を追うごとに怪獣の造型がどんどんしょぼくなっていくのが分かり、
何で新しいウルトラマンなのにこんなに雑なの?と
疑問に思っていたのを思い出します。
(高山良策氏の存在を知るのは、ずーーーーっと後のことでした)
そんな新マンですが、ある程度大人になって見返してみたところ、作品の持つ強烈なテーマ性に衝撃を受けました。
特に11月の傑作群の中の「怪獣使いと少年」はあまりの重さに食事も取れなかったくらいです。

DVDが発売されると、当然の如く大人買いで全巻集め、全てを見返してみました。

ウルトラシリーズの最高傑作はセブン!と言う持論は変わりませんが、
子供番組の枠を超え数多くの優れたシナリオ群を生み出した
ウルトラは、新マンを置いて他には無いと断言できると思います。

予算不足や技術的問題による着ぐるみの劣化や、出演者の降板などのアクシデントをも凌駕し、
製作者のストレートで重いテーマが心に刺さるウルトラマン。それが新マンです。
(ちょっと熱くなってしまいました…スミマセン)

さて、そんな新マンがメディコム・トイから発売されることになり、早速購入したのですが…。
 相変わらず、最初に届いた物は左腕が曲がらない…という、ウルトラフィギュアには
致命的な不具合があり、即里帰りさせました。

この写真の新マンは、里帰りした後の良品新マンです。

 さて、この新マンですが、同社が今まで発売した初代マンBタイプ・Cタイプとは
違うコスチューム素材の為、初見は「うわ…変身サイボーグみたい…」と
ドン引きしましたが、手元に届いて色々とポージングてみると、
思ったより新マン度(※新マンらしさの事です)が上がりました。

元々RAHの素体は背中を丸めるアクションは不得意(と、言うより構造上ムリ…)で、
初代マンのポーズを再現するのはイマイチなのですが、新マンのスーツアクター菊池氏が構える
スペシウム光線のポーズやファイティングポーズは背筋が伸びているのが特徴なので、
この新マンに限ってはメディ素体との相性が良く、大分それらしく感じられます。

マスクの素材も初代マンの柔らかいソフビから、硬質なものに変えたようで歪みもなく、
美しい新マンのお顔が再現されています。


ただ、体型がぼてっとしていて、スラリとした菊池氏を再現しているとは思えないところが残念です。

さらに言わせて貰うと、このRAHは何をコンセプトに製作された物なのか、
製作者の意図が伝わってこないのです。
あくまでTVに登場する新マンの再現であれば、この様な実物とかけ離れた
コスチューム素材を選択するのは間違いですし、再現性はそこそこでも、
可動に特化したアクションフィギュアを目指しているのであれば、この程度の可動では
とても新マンのアクションは再現できません。

また、高価格帯の商品でありながら、付属品がウルトラブレスレット(これがしょぼい)だけ…
と言うのも納得がいかないところです。
数あるウルトラマンの中でも、新マンほど多彩なアイテムを使うキャラクターはいないので、
本当に残念です。

毎度のようにメディコムトイの商品を手にとって疑問に思うのが、
この製作者の意図が不明…なところですね。

まぁ、そこまで言うほど良く考えられて製作されているとははなから思っていませんが…。
(今回はちょっと毒舌気味です…)


色々ワルグチを書きましたが、前述したように、やわらかいコスチュームのお陰で、
先に発馬されたB・Cタイプには出来ないアクションも可能な事も事実なので、
まぁいいか…と言った感じです。

最後に、彼が持っているウルトラスパークは、むかーし発売されていた
ファルシオン新マンに付属していたものです。

1/6サイズなので、ぴったりでした〜。

では~。
スポンサーサイト
Date: 2008.01.24 Category: ウルトラ  Comments (0) Trackbacks (0)

プロジェクトBM!仮面ライダー THE NEXT 1号

さて、今回は…
バンダイ、メディコム・トイのコラボシリーズ、プロジェクトBM!の第3弾
「仮面ライダー THE NEXT 1号」をレビュしてみます。

  
実はこのフィギュア、購入する予定は無かったんです。
去年パルコで開催されていたメディコム・トイのエキシビジョンで実物を見た時、
「FIRSTの色替えじゃん…」
としか思えなかったから…。

その展示フィギュアは、いわゆる試作品で、マスクのダメージ表現も手塗りの一品ものだったので、
「こんなの量産で再現できるわけ無い!」とたかをくくっていました。(どうせメディの事だし…)
隣の2号もダメージ表現を施されただけで、前のバージョンと何が違うのかボクには分かりませんでした。

と、言う訳でネットで予約が始まっても、まったくのスルー状態だったんです。

そんなこんなで時は流れ、遂にNEXT1号が発売されました。

始めは「要らない!」と思っていたんですが、Webで検索すると結構出来が良さそうです。
マスクのダメージ表現も上手くプリントで表現され、良い感じのようでした。
「ふぅ〜ん、なんか良さそうだね…。色も桜島カラーで渋くて良いね…。」
なんて、思い始めてしまいました…。

「なんか、欲しくなってきた…いや、欲しい…買う…買うぞ!!!」

いつもの悪い癖がうずきだしたんです…。
おもちゃが欲しくなると、どんな手を使っても必ず手に入れる、魔の悪い癖です。

いつもなら、発売後しばらくたっても余裕で入手できるメディコムのフィギュアですが、今度ばかりは
状況が違いました。

売ってないんです!
どこにも!


ネットを検索しまくり、名前を見つけてもいつも完売状態です。

トイザらスに入荷があるかも・・・と2chでみると、近隣のトイざらス店舗を次々にまわるも全て撃沈…。
(先に電話で入荷の確認しろよ…)

同じくNEXT難民の会社の同僚には、「12月中旬には追加出荷があるさ」と諭しておきながら、裏では
必死でネット検索をする毎日が続くきました。

そんな時、仕事中偶然覗いた2chでザラオンに入荷がある!との書き込みを見て、速攻検索!
残念ながら既に完売との表示にがっかりするも、再度読み込むと購入可能になっているではないですか!
(後で知ったのですが、これが世に言うカート遊びなんですね)
後先を考えず即座にカートに入れ、無事購入完了しました!!!
(会社のパソコンでおもちゃ買うなよ…ゴメンナサイorz)

あ〜ぁまたやっちゃった…。

あ、ボクのNEXT1号購入顛末記になってしまいました…。
スミマセンでした…。

さて、ここからがレビューになります。

届いたNEXT1号ですが、桜島カラーでチョーカックイイです!
やはり基本はFIRSTの色替えとコスチュームのライン追加のようですが、暗めの色合いのおかげで全体的
に締まって見えますね。
FIRSTは足の延長パーツが2号より短く(2号が長い?)スタイルがイマイチでしたが、今回は長めの延長
パーツを使用しているらしく、すらりとしたスタイルになっています。

マスクのダメージ表現です。

量産品でこのレベルなら、全然OKだと思います。

ボクのメディコム製品初期不良率は50%を超えているので、早速不具合点検を行いました。
ベルトにちょっとした塗料付着があるものの、返品するほどでもなく概ね良品の模様です。

久しぶりの良品に喜んで色々弄っていると、マスクが少し前に突き出しているようで、チョッとかっこ悪い
のに気づき、顎を引けないものかとさらに弄っていると…。
なんと、マスクが取れてしまいました…。
接着の不良のようです…。orz

マスクの中は、こんな風になっているんですね。
水木しげるの漫画に出てくる妖怪のようです。
後頭部にだけ毛が生えていて、なんだか寂しい中年妖怪です…。
(ちょっとかわいいかも)

でも、このおかげでマスクを少しずらすことが可能になり、上手く顎が引けました。
カッコよくなったと思いませんか?
後ろから見ると、髪の毛の寂しいスーツアクターが入っているようですが…。

実はNEXTの映画、見ていないんです。
FIRSTがあまりの出来だったので、はなから見るつもりが無かったのですが、
フィギュアを手に入れちゃうと見たくなってキマシタ。
4月にDVDが発売される様なので、今から楽しみにしています。
雑誌で見た、変身ポーズを取らせて見ました。
カッコイイです。

とても満足のいくNEXT1号ですが…こいつを手に入れたおかげで「あ〜2号も欲しい!」「V3も必要だよね〜」
と、芋づる式の出費地獄が始まるのですね…。
これから…。
最後に…。

Date: 2008.01.22 Category: 仮面ライダー  Comments (0) Trackbacks (0)

超装可動 仮面ライダークウガ マイティーフォーム

ブログを開設してから、忙しさにかまけて随分と放置してしまいました。
これが初カキコになります。
みなさま宜しくお願いします。

ここは、わたくしモスゴジが、少ないお小遣いの中からコツコツと集めた
愛しいオモチャたちをご紹介させていただくブログです。

愛しい故に毒舌批評もあるかと思いますが、暖かく見守って頂ければ幸いです。

また、これから購入を検討しているオモチャがありましたら、
購入の参考にして貰えたら嬉しい限りです。

さて、第一回目の今回ご紹介するオモチャは…

バンダイから2001年2月に発売された「超装可動仮面ライダークウガマイティフォーム」です。
 
このオモチャは、同じくバンダイから発売された、ウルトラの星計画のモチーフを仮面ライダーに
変更した派生商品と思われます。

ウル星の素体とは若干仕様変更されている部分もありますが、
基本設計は同じものでしょう。

超装可動クウガのコンセプトは非常に素晴らしく、1/6サイズの発光ギミック
内臓可動素体に、布製コスチュームを着せ、リアルに造型されたソフビパーツを
装着させた、まさに究極の仮面ライダークウガフィギュア誕生!のはずでした…。
が、しかし…。
残念すぎる点が山ほどあり、とても究極のクウガフィギュア…
にはなれなかったのです…。

残念な点を挙げる前に、良い点を幾つか…。

コスチュームのテンションに素体可動部分が負け、ほとんど可動しないウル星
にくらべ、布製コスチュームの超装可動はそれなりにストレスの無い可動が
実現されていました。

また、ブーツの素材が軟質ソフビで形成されており、つま先の可動のメリット
を活かされています。
(足首のスイング可動があれば最高でした)

クウガで印象的だったサムズアップの替ハンドや、五代くんのヘッド、はたまた
五代くんの名刺など付属品もファンのツボを捉えており、コレクターアイテムと
しては合格点だと思います。
以上のように、良い点も多々あるのですが、まずい点がそれを凌駕しています。

まずはマスク。
人形は顔が命と言われて久しいですが、オリジナルの意匠をここまで
外した造型はないと思います。  

体格と比例しない頭部のサイズに始まり、Cアイの形状、角のサイズ、
クラッシャー部分の形状などなど…。
つまり、似ていないのです。
次にスーツ素材の問題。

このスーツ、可動の妨げにならないようになっているのは良いのですが、
劣化のスピードが速すぎました。
しばらく放置していると、表面にコーティングされた素材がボロボロと剥がれ落ち
見るも無残な状態になります。
 
その他にも初期のものは、スーツの背中にあるマジックテープを接着する接着剤
が溶け出し、ヌルヌルになるという1万円以上の高額商品とは思えない
不具合がありました。

ボクも見事にこの不具合に当たってしまい、カスタマーセンターに連絡を入れると
年配の女性らしき方に「商品を全て送り返してください」と事務的に言われ、
「着払いでよいですか?」と確認すると「今回は仕方ないですね〜」
と冷たく返されました…。

メーカー責任の初期不良に対する、ユーザーへの態度とは思えませんでしたよ…。
と、色々な不満点のあるこのオモチャですが、クウガへの思い入れが半端でない
ボクは、ネットでの情報を駆使し改良への方法を模索していました。

長い長い模索の結果、やっと満足いく姿になった「超装可動クウガ」をご紹介します。
 

改良点ですが…。

ぼろぼろのスーツを脱がせ、アベデザインの
カスタマイズファウンデーション・ベーシックスーツに着せ替えました。
このスーツ、本当に素晴らしいです。
ゴムのような質感を持っているにも関わらず、可動の妨げになるような事はありません。

さらに、超装可動の為にある様な、腰部分の電飾コード引き込み用の穴までついています。

次の不満点のマスクですが、これは改良までに非常に時間がかかりました…。

気に入る1/6のマスクが無いんです〜。
巷に出回っていた1/6のマスクは、造型は良いけどCアイまでソフビ製だったりする
ので、そのまま使ったらとても「リアル」にはなりまん…。

ここは諦めるしかないのかなぁ〜と思い、しばらくこのオモチャを放置していた
ところ、バンダイからこのマスクコレクションが発売になったのです。
早速入手しかぶせて見た所、これはいい!!!バッチリでした。
さて、そのマスクですが、そのままではユルユルなので、
固定できるよういじってあります。

こうして長い年月をかけて、やっと納得のいく究極のクウガフィギュアが
モスゴジのコレクションとなったのでした〜。

色々と手を加えて、初めてクウガになれるフィギュアですが、クウガファンであれば
チャレンジして頂きたいと思います。

 
最後はみんなで、ハイ!ポーズ!
Date: 2008.01.18 Category: 仮面ライダー  Comments (4) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。