FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

超合金 ファイアボール ドロッセル

久しぶりの更新です。

すっかり春めいてきましたね〜。
花粉が飛び始めて、結構つらくなっています。

さて、今回レビューするのは「超合金 ファイアボール ドロッセル」です!

元ネタはディズニー初の日本人スタッフのみで製作された3DCGアニメ。
これ、最初に観た時、製作がディズニーって全く気がつきませんでした。
ディズニー独特のメッセージ性やアニメーション(動き)などが全くなく、
基本的に会話劇で進められるストーリーは、ひたすらシュールな雰囲気を
作品全体に醸し出しています。

なぜ天下のディズニーがこのアニメを製作したのか意図が不明ですが、
独特な世界観とキャラクター達、1話2分弱の短いストーリーの中に
詰め込まれたコメディセンスなど列挙すればキリが無いほど完成度は
お高いです。

主人公ドロッセルは、すでにfigmaで立体化されていて、グッスマの
言わずもがなのクオリティで再販を重ねるヒット商品になっていました。

今回の超合金はそのfigmaの後発商品であり、価格も倍以上もする事から、
figmaがあるからいらないじゃん!と発売前からネガティブ意見が
多かったように思えます。

そんな中発売された超合金ドロッセルですが、バンダイさんの面目躍如
たる素晴らしい完成度でした〜。

サイズは全高約18センチで予想していたより大ぶりです。
そして重い!ふんだんにダイキャストを使用したボディは、
まさに超合金の重さです。

ドイツ語で記されたマーキングの数々も細かく印刷されています。

スタイルはまさにドロッセルそのモノ。
モスゴジの主観では、figmaより実際の映像に近いプロポーションだと
思います。

最近の超合金のトレンドにもれず、全身に仕込まれた可動ポイントの
数々により、劇中ポーズの高い再現性を持っています。

付属パーツも豊富です。
交換頭部2種(詳細は後ほど)、交換手首10個、ディスプレイ用台座。

それではドロッセルお嬢様を詳しく見ていきましょう〜。

まずは立ち姿。








肩関節が二重関節になっているので、重心の移動に合わせた微妙な
ポージングが可能になっています。
また、腿の付け根の関節が金属軸で左右繋がっており、腰を横に
突きだすようなポーズが自然に取れるよう工夫されています。

膝関節にはラチェット機構が仕組まれていて、膝を曲げたポージングの際
の保持に威力を発揮します。

ノーマルヘッドには青色LEDが2つ内蔵されています。
スイッチは額パーツを外した内部にあり、ちょっといじり難いのですが
普段点灯させる事もないので、それほど不自由さは感じません。

点灯しました。


ちょっと光量が多すぎますね。


直視すると、目に白い残像が残るくらい強烈に発光します。


光量が強すぎて、マスク全体が青白く光ってしまいます。
まぁ、普段点灯しませんが。

では、いろいろとポーズを付けてみます。


有名なイラストのポーズ。


こちらはDVDジャケットのポーズです。
左足が自重に耐えられず下がってしまいますが、それらしい
ポージングは可能です。


お座りです。
腿がこれ以上前に動かない為、膝立ての様なポーズはできません。


ドロッセルはよく腕組をします。
腕組用の差し替えハンドも欲しいところでした。


文通に関しての会話中…


あなたのその頭の前の方、私が見てあげる。
このポーズ、意味不明ですが可愛いです。


お猿さんですか?
これは、お猿を表現したポーズなんでしょうか?


飛行ユニット・オブルチェフ
差し替えではく、頭部丸ごと交換って…潔いです。


特徴的な模様がキレイに印刷されています。


さらに、オブルチェフには超合金ならではのギミックが…。
後部のパーツを押す事で、勢いよく左右に飛び出します。




翼とノズルも飛び出せば最高だったんですが、こちらの
パーツは差し込み式になっています。


格闘ユニット・ベリンダ


ブルーのリボン(?)はソフビ製です。
こちらも模様の印刷が美しいです。








さすがに片足上げでのポーズ固定はできませんでした。
劇中も脚先は隠れているので、OKとしましょう。


今になってですが、台座にはダボが1つあり、ドロッセルのノズル部分
を差し込み固定するようになっています。
床のひび割れなどがモールドされていて、何気に芸が細かいです。


こいつがあると、ちょっとばかり重心を無視したポージングも
可能になります。


この手は…?


キラッ☆
…ではなく…


あ、バナナ!










こう使うと良いかと思います。

そんなこんなで大変お気に入りのドロッセルですが、
残念ながら初期不良がありました。
本当にババ抜きの天才ですねorz


一番目立つおでこ部分に傷が入ってました…

で、バンダイの客相に連絡したところ、なんと翌日に交換用のパーツが
届きましたよ!
不良パーツはそちらで処分して〜との事。
さすが大企業!バンダイスゴイ。

でも、できれば超合金サイズのお猿のキットが欲しかったなぁ。
DVDに付いていた様な組み立てキットで良いので…。
超合金魂などは、こう言うお遊び的な付属品が付いてきて
ニヤリとさせてくれているので、このドロッセルにないのが残念ですね。

ともあれ、まるで画面から飛び出てきたような再現性と、
超合金の名に恥じない質感とギミックは、現時点での
ドロッセルフィギュアの決定版と言えるでしょうね。

まさに、愛でてよし、動かしてよし。です。
スポンサーサイト
Date: 2010.03.07 Category: その他  Comments (0) Trackbacks (0)

RAH 春麗 がキマシタ

今回はRAHシリーズの春麗を紹介します。



女性キャラのRAHってアンヌ隊員くらいしか持ってなかった
のですが、あの春麗がリリースされるとあって
ついにお迎えしました。

今月は「ストリートファイター?」のPS3版が発売される
こともあり、モスゴジ的にもタイムリーだった事もあります。

そうそう、やっとPS3買ったんですよ〜。
ゲームはメタルギア4しか持ってないんですが、PS自体は
ものすごい進歩を遂げていますね〜。
当然、12日に発売される「スト?」も購入する予定です。
ま、そんなことは良いですね…。

さて、フィギュアのお話ですが、もともと2次元のアニメや
ゲームキャラクターの立体化の成否は原型師のセンスが
全てで(特にお顔)、万人に受け入れられる完成度のモノを
作り出すのは至難の業ではないかと思います。
さらに、そこには原型師の好みや妄想も入り込みますので
原型師の人気(支持率)の高さ=ヒット商品となるようです。

今回の春麗などはストリートファイターの新タイトル
に登場するたび顔が変わっていますので、作る方も受け取る方も
イメージは千差万別でしょう。
一体どんなモノになるのかちょっと期待と不安が
入り交じりながら待っていました。

その春麗ですが…。




素体はRAHの女性素体FEMALE BODYを基本にし、
豊胸パーツと脚部の筋肉パーツを追加してあるようです。
それにしても、この脚…すごいですね。

付属品は手刀手首左右1種類のみ…。
いつものことですが、少ない…。


ドレスのヒラヒラ部分にはワイヤーが仕組まれていて、
ポーズに合わせて変形させる事ができます。
これ、ポージングの際に威力を発揮するんですよね〜。

ドレスの金プリントは綺麗です。
縫製もキチンとしていますね。
肩のボンボリには綿が入っているのか、ふわふわです。


相変わらず腕は間接むき出しです。
(さすがにハトメの穴は塞いでありますが)
おまけにゲート処理が雑で、バリがそのまま残されています…。
気になる人は、デザインナイフでチマチマ削ったほうが
よいでしょう。


手首のごっついブレスレッドはゴムの様な素材で出来ています。
堅そうですが、結構やわらかいんです。
響鬼さんの角の様に硬いと、マジで怪我しちゃいますから。


足首が分割されているので、ポーズが付けやすくなっています。
いつものRAHの仕様(素体+軟質素材)から見ると思いきった
変更ですが、今回はこれが正解ですね。
足先はリボルテックの様に、斜めに入っている足首の軸を中心に
左右にロールするようになっています。

次にお顔ですが…。


このお顔は、僕の持っている春麗のイメージとは
ちょっと違います…。
違うんですが、これはこれで良いと思います!


前述のとおり、受け取り方は人それぞれだとおもいますが、
この春麗はとっても美人さんです。
広いオデコが可愛いですね。気に入りました。


ただ、表情をもう一つくらい付けて欲しいですよね。
figma並みに付属させろとは言いませんが、笑顔があると良かった…。

可動に関してですが、着ぐるみの様なスーツを着込んだ
ライダー系のフィギュアと違い、素体に薄い衣装を
着せているだけですので非常に自由度が高いです。
(RAHにしては本当に珍しい)


構え。
間接がしっかりしているのと、足首の可動のおかげで
ポーズを付けても安定して自立します。


また、今までのRAHと違い手首にもう1軸入っています。
これによって、掌の方向に多様性が生まれ、中国拳法
特有の構えなどが再現できるようになっています。
メディコムらしくない心配りです。



蹴り。
脚はこの位まで難なく上がります。


気功拳。
ポーズはうる覚えです…。
お尻を突き出したポーズの方が良かったでしょうか?


スピニングバードキック。
開脚も楽勝です。


片ひざ構え。
カッコ可愛いですね〜。

せっかくなので、いろいろ写真を撮りました。








くつろぎ・・・。


結構可愛いポーズですね。


春麗の可動フィギュアは色々と発売されていますが、
モスゴジ的にはこれが一番ですね〜。
これは買いですよ〜!

最後に…。


敬礼!
(とりあえずインターポールの捜査官なので…)
Date: 2009.02.07 Category: その他  Comments (7) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。