スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

KERORO FIX KA-006 ガルル専用ケロンアーマー

さて、今回のおも魂は…
3機目のケロンアーマーのご紹介です。


今回はケロロ軍曹18巻に登場し、ケロンアーマーの威力を
世に知らしめた(?)KA-006ガルル中尉専用ケロンアーマーが
発売になりました。




設定的にもKA-006sのカスタマイズ機と言う事で、
基本的なデザインや装備は軍曹専用のモノと同じなのですが、
機体カラーがガルルのカラーである「パープル」で塗装され
マーキング類もガルル専用のモノに変更されています。


また、キャノン砲が長距離ビーム砲のハイパーメガキャノン
に変更され、スナイパーであるガルルのスタイルと
マッチングさせています。

長いですね〜。




しかし、カラーリングが違うだけで、こんなにも雰囲気が変るとは…。
軍曹のときは、カッコ可愛い感じだったんですが、
ガルル中尉の場合、クールな感じが漂うから不思議です。


このハイパーメガキャノンは、取り外してガルルに
持たせることができます。


さすがにスタンドを使用しても、ガルル単体でこの長モノは
保持する事は出来ないので、キャノン自体をスタンドに固定して
ガルルに持たせる仕様になっています。

ケロロ軍曹の中で一人シリアスな軍人キャラの
ガルルだけあって、こんな無茶な設定でも似合っていますね〜。

さて、ガルギロ兄弟のケロンアーマーが揃ったところで…。



ギロロ、それがお前のケロンアーマーか?

そ、そうだ。


部隊の先頭に立ち、敵陣を突破する為の突撃型重武装マシンか…
貴様らしいな…。

それが機動歩兵の役目だからな。

しかし…


腕はあった方が良いと思うぞ…。

お前もそれを言うか〜!!!



と、いう訳でケロンアーマーも3機揃いました〜!
やっぱり、3機並ぶと壮観でありますな〜。

忘れたころに新規リリースされた本製品ですが、
次はそろそろケロロ小隊各隊員用のケロンアーマーを
出してほしいところです。

お願いしますよ!バンダイさん!
スポンサーサイト
Date: 2009.07.07 Category: ケロロ軍曹  Comments (0) Trackbacks (0)

KERORO FIX KA-014 ギロロ専用ケロンアーマー

皆さんこんにちわ〜!

さて、今日は例の赤い奴がやっと手に入ったので
早速ご紹介しますね〜。

KERORO FIX KA-014ギロロ専用ケロンアーマです。

そうそう、友人から聞いて初めて知ったのですが、
このケロンアーマーシリーズに付けられている型番って
モビルスーツの型式番号から来ているんですね!

軍曹のKA-006sはMS-06S 指揮官用ザクIIで、
伍長のKA-014はMS-14Aゲルググだって、知りました。

なるほどぉ〜って感じです。
これもまた、リスペクトでしょうか…。


さて、その伍長のケロンアーマーですが、軍曹のモノと違い
ちょっと特殊なデザインです。










脚は生えているので歩行型戦車の様ですが、全身武装の塊って
ところがギロロ伍長らしいですね。

搭乗の仕方はケロロと一緒です。


軍曹と違うのは、ギロロフィギュアの腕が交換式で、
付属のバンドガンとライフルを持たせる事ができるんです。

足が固定なので、ポーズらしいポーズは取れませんが…。

KA-014に戻ります。


ツインビームキャノンは左右独立で可動します。
目標を狙う砲身の向きがバラけるカッコよさってありますよね〜。
ヤマトの主砲とか…(古い…)


ガトリングガンがマウントされている4連ロケットランチャー
もボールジョイントで本体と接続されているため
可動するのですが、ガトリングガンのガンベルト(ゴム製)が
邪魔をしてあまり動きません。


で、ガンベルトの付け根を外してやると…


あらカッコいい〜。
ディスプレイする際は、ガンベルトを外すことをお勧めします。


股間のボールジョイントで大きく足を開く事もできます。
接地感も上々ですね。




付属のスタンドを使用すれば、空中ポーズも可能です。

でも、軍曹のケロンアーマーがパワードスーツ的なアレンジで
とっても密度が高かったので、武装以外はあっさり気味
伍長のケロンアーマーはちょっとさびしい感じがします…。


何か物足りない…と言うか…


そこで我輩の登場であります!


ギロロのケロンアーマーが何故さびしいか…。
それは、


腕がないから!であります!


な、なに…オレはそんなモノ要らんぞ!
機動メカは武装があってナンボの…


何を言う!
腕はロボットに取って最重要パーツの一つ!
赤ダルマには分からんのです!


第一、そんなスタイルで接近戦になったら
どうするでありますか?
近距離では飛び道具は無効…。
ビームサーベルも装備できない赤タンクなんて
けっちょんぱっちょんにやられちゃうであります。

う…一理あるな…。

でしょ〜?


クルル曹長!

ク〜ックックック…。
準備はできてるぜぇ〜。


ポチっと!


な、何をするんだ!ケロロ!

良いから、我輩にまかせるであります!


おぉぉ〜!


これこそロボットの醍醐味!
変形合体であります!

でも…何か違うような気がするが…。


それならコレはどうだい〜。




いっかすぅ〜!


これもちょっと…。
オレのメカが目立ってないしな…。

あんたさぁ。
折角我輩がカッコよくしてあげてんのに
否定ばっかして。何様のつもりさ!

クルル曹長!次!


了解〜。でもあんまり無理すると、
メカが逝っちまうから気をつけなぁ〜。




おおぉ!
何とカッコいい!
これこそKAデザイン!


これじゃ!オレのマシンが脚だけしか
残っていないではないか!

まぁまぁ、おかげでKA-006sがこんなに
カッコ良くなったんでありますから。
武器の進化に多少の犠牲はつきもの…


ガ・・・ガガガ・・・


あれ?
どうしたでありますか?

無理な合体を繰り返したせいで、ちょっくらメカに
負担がかかり過ぎちまった様だゼぇ。

ええ!!!


あ〜〜〜!!!


ゲロォ〜!我輩のKA-006sが!
オレのKA-014が!


あ〜ぁ、言わんこっちゃ無い…。
オレは知らねぇゼぇ〜。


チャ…。

直ぐに元に戻せ…
おっと嫌なんて言うなよ…
コイツのトリガーはフェザータッチなんだ…。
うっかり引き金を引いちまうからな…。

ク〜ックックック…

************************


どうだ、オレ専用のケロンアーマーだ。
カッコいいだろ?

にゃ!

ハハハ…そうか、お前もそう思うか。
ヤキイモ食べるか?

にゃ〜ん



まぁ本人が気に入ってるなら、それで良いですけど…。
て、事でお宅にもギロロ伍長専用ケロンアーマー
一台どうっすか?

あ、そうそう。
ケロロ軍曹は、と言うと…。


このサイズになると、ガンプラ組み立てるより
テクニックがいるであります。
まさに、モデラーの腕の見せ所っすね!

懲りていないようです…。

なんだか途中からおも魂劇場になっちゃいましたね…。
まぁ、このブログは何でもアリってことで。

では〜。


Date: 2009.06.16 Category: ケロロ軍曹  Comments (0) Trackbacks (0)

反重力ソーサー KRR-SP

もう6月ですね〜。
前回の更新から1か月近く経ってしまいました…。

ほんと、ご無沙汰しておりました〜。

いやぁ〜もう、仕事・仕事で大変で〜って言うのは
ウソ(でもないけど)でして、ネタ作りに勤しんでいたんですよ。

今日はそのネタを披露するわけでは無いのですが、
欲しくて探しまくっていたブツが手に入ったので
自慢…紹介します〜。


反重力ソーサーKRR-SP(ケーダブルアール エスピー)!
欲しかったんです〜。

ケロロの世界では、ソーサーはエーテル推進式(トップをねらえ?)
が主流で、反重力エンジンは旧式なんだそうです。
軍曹は宇宙オークションでこいつを破格の値段で入手し
喜んで乗り回した結果、壊れちゃった…(原作第六拾五話)
と言う、いわくつきのアイテムです。

その後も諦めずに、レストアにレストアを重ねて、
本物の「KRR-SP」よりもカッコいいって言われてましたね〜。

さて、フィギュアにもどりますが、このKRR-SPはガチャガチャの
ケロロコレクションPART1のラインナップの一つです。


原作よりちょっと丸っこいですが、小さい割に細かい
ところまで作りこまれているんですよ。


横から見ると、マンボウみたい。


後ろには夏美へのお土産のサツマイモまで再現されています。


スタンドがボールジョントで可動するので、急発進や
コーナーリング状態でもディスプレイできます。
(この画像はちょっとやりすぎました…)

原作者がバイクをこよなく愛している事が、デザインからも
うかがえますね〜。
カッコいいです。


ケロプラシリーズでプラモ化してくれないかなぁ。
Date: 2009.06.05 Category: ケロロ軍曹  Comments (2) Trackbacks (0)

KERORO FIX KA-006s

今回はマイケロロブーム第2弾アイテムのご紹介をば…。

実はケロロロボのプラモも購入して、製作準備万全
だったのですが、見つけちゃったんです。
渋谷まんだらけで…。


これ、以前から欲しかったんですけど、ちょっと
購入時期を逃したら、あっと言う間に店頭から姿を
消していたんですよね〜。

今月リニューアル再販がかかるらしいのですが、
リニューアル版は全体的にダークなミリタリー系の彩色で、
それはそれでカッコいいんですけど、初版カラーの緑と白が
ケロロっぽいと思うんですよ。
で、初版が欲しくて探してたんですけど、見つかってラッキーです!

カトキハジメ氏がデザインしたケロンアーマーは
ケロロの世界観を残しつつもロボットメカのツボ
を上手く押さえてあって、メチャクチャカッコいいです。


元ネタはモスゴジ以外の皆さんは良く知ってらっしゃる
GUNDAM FIX FIGURATIONと言う完成品フィギュアシリーズとの事。
僕はアムロのガンダムが「RX-78-2」と呼称される意味を
最近まで知らなかった位ですんで、このシリーズも
良く知らないんです…スミマセン…。
当然、スタンドに書かれている文字の意味も分かりません…。
(誰か教えて…)




ケロンアーマーに戻りますが、胸部のパーツを外し
軍曹を搭乗させる事ができます。
この軍曹がまたよく出来ています。
首と腕が可動します。
普通ケロロフィギュアは自立できないんですけど、
この軍曹はうまくバランスを取ると、自立できるんです。


シールドは2枚重ねが可能。
1枚でも装備できます。


左腕のシールドマウントパーツにビームサーベル2本を
セット可能です。


右腕には2連装ビーム砲が装備されています。

それにしても、ガンダム系の意匠をここまで(パクれる)
リスペクト出来るのはケロロならではと言った
ところでしょうか。


可動箇所は左右の肩、肘、手首、股間、膝、足首と
普通の可動フィギュア並の可動ポイントがあります。
あまり大きくは動かせませんが…。


片足での自立も可能です。
カワイイ…。


秀逸なのは、全身にタンポ印刷されたマーキングの数々。
本当はケロン文字なのでしょうけど、英語でそれっぽく
書かれています。




ポージング、アレコレ。


照準ディスプレイは可動式ですが、軍曹の頭が邪魔して
あまり動きません。


シールドはパーツを差し替える事で、
たたんだ状態も再現可能です。
なぜたたむ必要があるのかは、分かりません…。


キャノン砲と高機動パック装備状態です。
うぉ!カ、カッコいい…。


背面のバーニアはボールジョイントで可動します。


…コレをいじっていると、なんだか似たモノを
どこかで見たようなデジャヴを感じてきました…。
気のせいか???

ま、それは置いといて…。


先ほどのビームサーベルを装備。
結構ポーズが付けやすいですね。
(あまりいじっていると、関節がすぐ緩くなりそうですが…)


付属のスタンドで飛行状態にすることも…。


このスタンド、ラチェット機構付きで角度固定が
楽にできます。
(逆に、角度は決められちゃいますが)


前かがみも簡単に…って、あ…やっぱり。
デジャヴの原因は…某有名SF小説に登場する機動歩兵のようですね…。
キャノン砲をつけたらアラそっくり。


ギロロ〜。
超カッコいいっしょ〜。羨ましい?

べ…別に…(怒)
…てか、俺のはどこも売り切れ…。

ギロロのケロンアーマーも探しているのですが
どこにも売っていません…。再販しないかなぁ〜。
欲しいなぁ〜。

そうそう、コミックの18巻にガルルがコレと同じ
機体に乗っていました。
でも正確には同じ機体では無いらしく、今月に
ガルル専用ケロンアーマーとして発売されるそうです。
画像を見る限り、これまたカッコいいので
買っちゃうかもしれません。

と、言うわけで、リニューアル版を買うもよし。
初版を見つけて買うもよし。
ケロロ好きのご家庭には一家に一台の逸品です。


塗装の荒が結構あったり、関節の保持力が弱かったり
と、多少の問題もありますがこの素晴らしい
デザインの前には些細なことですね〜。

それでは〜。ゲッゲ〜ロ〜。
Date: 2009.05.01 Category: ケロロ軍曹  Comments (0) Trackbacks (0)

ケロロ軍曹 Ver.1.5 + フライングボード 作ってみました

VF-25の製作から随分と経ち、またプラモが作りたいなぁ
と思っていた今日この頃…。
新たなプラモに手を出しました!

で…近所のおもちゃ屋でGETしてきたのが、コレ。


ケロロ軍曹Ver.1.5+フライングボードです!

大層な書き出しでスミマセン…。
これってお子様向けの簡単キットですね…。
本当はVF-25のスーパーパックに挑戦したいのですが、
ちょっと腰が上がらないんですよね〜。

このキットは別に最近発売されたわけではありませんが、
何となく気になっていました。

パッケージを見る限り、結構出来はよさげでおまけに
フライングボードまで付いてくるし、さらにフル可動
と言うケロロ好きの心を揺さぶる商品構成。

他の方のレビューを見ても、モノの1時間で組み上がる
簡単設計との事。

じゃあ作ってみますか〜。
と、お買い上げしました。


パーツ数はそれなりにありそうなんですが、
殆ど手足の部品なので、組み立てるパーツ自体は少なそうです。

最初はすべて塗装で仕上げようかと思っていましたが、
パーツの差し替えが多そうですし、なにせフル可動
ですから塗装剥げがおきたら嫌なので
パチ組み+部分塗装とすることにしました。

パーツを袋から取り出すと、プラモ特有の光沢があります。
梅雨時の軍曹ならばこれで良いのでしょうけど、
やっぱり艶々お肌ではちょっと違和感があります。



なので、組み上げる前に艶消しトップコートを
パーツに吹きつけました。


部分塗装は、帽子の★とお口の赤、
お腹のケロンスターの黄色です。
こちらは塗装後トップコートを吹きました。

組み立て自体は本当に簡単。
このキットは「タッチゲート」と言うモノを採用していて、
ニッパーなどで切り離す必要がありません。
手でランナーからパーツをもぎ取り組み立てられるようになっています。
お子様ユーザーにも優しい設計です。

こう言うところの技術って、バンダイさんはスゴイですよね。

で、組み上がった軍曹がこちら。


白目は艶消しにせず、そのままにしてあります。
黒目は付属のシールです。

カワイイ…。


良く似ています。
もう少し黒目が大きい方が好みなのですが、
これは後で修正を考えます。

可動部分は首、帽子の耳(?)、肩、ひじ、腿、ひざです。
こうしてみると、コミック11巻に付録でついた
浅井版ケロロの大きい版みたいですね。


背中は目玉パーツを変える為のつまみが付いています。


こちらが目玉変更途中の軍曹…。
ちょっと気味悪いです。
目玉パーツを頭に押し込んで、後ろのつまみを回すと
別の目玉が出てきます。


もうひとつの目玉がこちらです。


首は後方に大きく振れるので、こんなポーズも取れます。


横から見るとこんな感じ。

キットには専用のスタンドが付属しています。
軍曹を直立させるには、このスタンドが必須なんですが、
お遊びでいろいろなモノに絡ませるには、ちょっと
大袈裟なんですよね…。


何か代わりになるスタンドが無いかなぁ〜と
思っていたとき、スタンド固定用の背中の穴に目が行きました。

コレは、もしかして…とfigmaの専用スタンドを
差し込んでみると…。


これがピッタリ!と合いました。


当然figmaとは身長差があるので、こんな感じに台座との距離が
離れてしまいますが、緑のスタンドからは解放されました。
(試してみるもんだ…)


別パーツの開き口と、マッチョ腕に交換。


このスタンドならジャンプキックの表現が出来る〜。

さらに、付属のバナナの皮との組み合わせです。

口の中身はシール、歯の間はスミいれしました。

次にフライングボード。


こちらはスミいれの後、トップコートを吹きました。


レバー部分の塗装も必要でしたね〜。
それは次回…と言うことで。


リアにはターボチャージャーが内蔵されています。


中身はこんな感じ。

アクセントにガンダムマーカーの
メッキシルバーを塗りました。

超簡単、お手ごろな価格、プレイバリューの高さ、
とても良いプラモキットですね〜。
補足すると今回紹介しませんでしたが、このほかに
ハリセンとマントも付属しています。
(やる事が細かいね)


ケロロプラモと一緒でご満悦の軍曹です。
パーツ差し替えと、表情の変化で色々なシチュエーションが
作れて面白いです。
コイツなら、おも魂劇場でも活躍してくれそう!

最後に、1/6フィギュアとのサイズ比較をば。


そうそう、今月のカレンダーをみるとブログ更新日がまるで
ビンゴゲームのリーチ状態になっているのに気が付きました。

で・・・今日の更新でついに「ビンゴ!」完成です〜。

ナニも出ませんが・・・。
Date: 2009.04.26 Category: ケロロ軍曹  Comments (4) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。