スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

MEDICOM TOY EXHIBITION '14に行ってきました!

梅雨の季節の風物詩、MEDICOM TOY EXHIBITION '14に行ってきました!
MD_00.jpg

年々、モスゴジ的に興味を失いつつあるこのイベントですが、8年も通いつめていることもあり
今年も参加させていただきました~。

今回も渋谷PARCO Pert1 3Fのパルコミュージアムにて開催です。

会場に入って、すぐ目に付いたのがエヴァシリーズ。

MD_05.jpg
破から、Qまでのエヴァやキャラクターフィギュアが一同にディスプレイされています。

映画ではヒラメ顔で、イマイチ美しくなかった「アヤナミレイ」がRAHとなり
とても可憐なキャラに大変身していましたw

MD_06.jpg
小物もしっかりと作られているようで、これなら欲しいですね。
黒い綾波…良いです。

で、破で災難にあった式波さん。
MD_07.jpg
アニメフィギュア作らせたらやっぱりここが一番ですね~
とてもよくできていました。

RAHのエヴァシリーズは綾波と初号機を持っていますが、どれも素晴らし完成度です。
ホントは全キャラ揃えたいんですが…
部屋のスペースもお金もありません゚(゚´Д`゚)゚

ふと、左に目を移すと、そこにはウルトラマンCタイプのVer.2.0が!

MD_01.jpg
スペシウム光線のポーズをとりつつお出迎えしてくれています。

このCタイプですが、メディコムウルトラマン史上、最高に似ているのではないかと。
体型がちょっと古谷氏とは違う感じがしますが、マスクの出来はとても良いと思います。
ボディの質感も素晴らしく、オマケに可動も両立なんて、
まさにリアルアクションヒーローの名に恥じない完成度だと思います…た。

「スペシウム光線のポーズがちゃんと取れるようになったんだぁ~」と
感激しつつ近寄ると…
その手首には、何やら拘束具のようなものが…

MD_02.jpg
この拘束具は手首を固定するパーツですね…
結局、どうやっても可動が両立できなかったようで、なんとも苦肉の策感バリバリ
の仕様です…。
まぁ…これは仕方ないですね。素体が影響を受けないほど薄く、強度もある素材が
開発されなければ、この問題は永遠に解決不能だと思います…
ここまでやっちゃって、昔の布製スーツに戻るわけにも行かないですしね。

さて、気を取り直して歩を進めると…。

おぉ~壇蜜じゃん!
MD_03.jpg
よく知らないのですが、これは映画「地球防衛未亡人」に出演した壇蜜さんを
フィギュア化したようです。
その名も「ダン隊員」…

MD_04.jpg
お顔自体は、似ている…気がします。
このフィギュア、何と植毛ですよ。力が入ってますね~(買わないけど)
壇蜜ファンには良いのではないでしょうか。
ただ、あくまで手塗りのサンプルなので、この通りに仕上がるかどうか…ですがw

あとは…モスゴジが小学生の時によく見ていた「ライオン丸」がRAHの仲間入りをしたようです。

MD_10.jpg
Pプロってすごくマイナー(ファンの方失礼!><)な感じがするので、誰得?って思っちゃいましたが…
出来はイイんじゃyないでしょうか。よく似てますし、特徴的なタテガミも植毛でバッチリ再現しています。
横にタイガージョーが置いてありましたが、このままシリーズ化するんでしょうか。

風雲ライオン丸とか…

どうせなら、スペクトルマンを出して欲しいですね。
いや、古い特撮シリーズなら、ジャイアントロボをぜひ!(ロボは東映ですけど…)

さぁてと…次は…と会場を見渡すも、モスゴジが興味あるRAHってこのくらいでした…
ライダーフィギュアももちろん展示してありましたが、新しいのはイマイチ興味なく…

そんな中、ちょっと小さめのバットマンがバットポッドに跨っている姿が目に入りました!

MD_08.jpg
これです。

メディコムさんの新機軸アクションフィギュアシリーズの「MAFEX BATMAN」です。
すでに発売済みですが、これはVer.2のようですね。
およそ1/12程度のサイズですが、マスクもよくできています。
大体このサイズのフィギュアはマントもボディと同じ素材でカチカチなんですけど、
これは布製のマントを着けており、ポージングの邪魔をしないのが良いですね!

バットポッドも良い出来なので、発売されたら一緒にお買い上げします~。

もしかして、同サイズのタンブラーとか出たりして…
1/6は無理でしたが、1/12なら部屋に置けるかも!
お願いします!メディコムさん!

MD_09.jpg
このMAFEXシリーズですが、バットマンからは「ジョーカー」「セリーナ」がラインナップされています。
その他、SWからはベイダーやストームトルーパーがフィギュア化されており
映画系フィギュアのシリーズが今後も登場するのでしょうね。

他の展示物は、まどかマギカやセイバーなど、最近のメディさんが力を
入れている他社コラボのアニメ系や、Part1のヒットガールなどの映画フィギュアが並んでいました。

冒頭にも書きましたが、展示内容が寂しいです。年を追うごとに寂しくなって行くように思えます。

新製品をアピールするのが一番の目的だとは思うのですが、これだけ歴史を持ち
素晴らしい製品を作り続けているメーカーですので、過去製品の展示や
去年のエヴァジオラマのような、来場者が楽しめる展示を行って欲しいものです。
(HOT TOYSはこの辺もぬかりがないですよね)

きっと来年も行くでしょうから、その時はぜひお願いしますね!

では。

スポンサーサイト
Date: 2014.07.04 Category: 日記  Comments (1) Trackbacks (0)

少年リック 限定 ウルトラマン Aタイプ スタンディングポーズ 発光 Ver.

エクスプラスの初代ウルトラマンスタンディングバージョンの最後を飾る
少年リック限定ウルトラマンAタイプスタンディングバージョン発光版です。

正直、Aタイプは買うかどうかを非常に迷ったのです…
サンプルを見たとき、エクスプラスにしてはちょっとイマイチな感じを受けました。

確かに良く出来たAタイプなんですけど、顔がちょっとイメージと違いました…

自分の中で、最高のAタイプフィギュアは木下氏のメガソフビなのですが、
それには及ばないなぁ~と…

しかしながら、Cタイプ、Bタイプとスタンディングバージョンを購入してきた訳ですから、
同シリーズのAタイプを買わない…と言う選択肢は無かった訳で…

で、買ってみたのが、こちらになります~。

A01.jpg 
Bタイプ同様、細身の古谷氏の体型が見事に再現されています。

A02.jpg 

A03.jpg 

A04.jpg 

A05.jpg 
Aタイプの特徴である、長い首、薄い胸板、あんこの少ない肩、手首足首をテープで巻いて
固定したために生じたスーツのたるみ…ナドナド、完全再現なのではないでしょうか。

ただ…

A07.jpg 
このお顔…

A06.jpg 
なんか、笑ってますよね…不気味に…

A08.jpg 
口の周りのシワは皆さんご存知の通りの理由により発生していますが、回を重ねる
ごとにシワが引きつり、口が少しずつ開いて行くんですよね。
このシワの感じですと、対ジラース戦くらいの時期のマスクのように思えますね。

ジラース戦の時は、口の中まで見えちゃって古谷氏のお口が映ってしまったのは
有名なお話です。

しかし、Aタイプのマスクは怖いですね~。
それなのに、アヒル口…

A09.jpg 
発光させてみました。

あれ…

A10.jpg 
目の色がCタイプのような黄色に戻ってしまっています…。
Bタイプは白色だったのに、何故先祖返りを…
(画像ではわかりづらいかとは思いますが、黄色いです)

A11.jpg 
カラータイマーもBタイプの様な淡い発光ではなく、Cタイプ同様眩しい発光になっています。
あの、Bタイプでの進化は何だったのでしょうか。

A12.jpg 
赤点滅です。

A14.jpg 
恒例の暗所撮影をやってみました。

A13.jpg 

A15.jpg 
何だかんだ言っても、発光はやっぱりカッコイイですねw

今回のリック限定は腰当てポーズ用の両腕が付属しています。

A18.jpg 
組み上げるとこんな感じ。

このポーズってまさに昭和ですよね~。
力道山とか、強いプロレスラーがよくこんなポーズを取っていたと思いますw
ウルトラマンの強さを強調したポーズなんでしょうね。時代を感じます。

手首の手術用手袋の伸びた感じなど、細かい造形がエクスプラスらしいですね。

A19.jpg 
このポーズでも発光させました。

スペシウムやファイティングポーズなど動きのある物が良いと思っていましたが、
直立ポーズだとこうやって並べられるからこれはこれで良いものです。

A20.jpg 
さて、これでA~Cまですべての初代マンが揃ったので、みんなで一緒にハイポーズ!
(やっぱり、Cタイプがちょっと小さい…)




Date: 2014.05.01 Category: ウルトラ  Comments (0) Trackbacks (0)

おも魂Twitter始めました!

ネタはあるのになかなかブログが更新日々が続いて
ちょっとストレスがたまりましたw

なので、この機会にTwitterをはじめちゃいました!
まだレビューの準備ができていなかったり、放置したままに
なっていたおもちゃたちをつらつらとアップしてまいりますので
お暇なときにのぞいてみてください~。

おも魂つぃーと
https://twitter.com/mosugoji_o

では!
Date: 2013.12.12 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

ルパン三世 第1期 DVD-BOX 北米版を買っちゃいました!

先日、北米版のルパン三世First TV SeriesなるDVD-BOXを購入しました。
IMG_1354.jpg  
Amazonのレビューでべた褒めされていたので、リージョン違いを覚悟の上で買ってみたんですけど…。

旧ルパンはバップから発売されていたDVD-BOXを持っていました。
ご存知の方も多いかと思いますが、このDVD-BOXはあまり画質が良くありません。
全体的にもやっと青味がかかった感じの色味になっていて、明度も低いんです。
リマスターしただけあって、フィルム傷などは無いんですけど、シャープさに欠ける画像と青っぽい色が嫌で、
購入後1度見たきりそのままになっていました。

その後Blu-rayBOXが発売され非常に期待したのですが、今度はセルのトメを
デジタル処理で止めて口パクなどの動いているところだけ動かすと言う、
最新技術の間違った使い方?が酷評されているのを見て購入を躊躇していました。

そんな時、Amazonでこの商品を見つけて悩んだ末に購入したわけです。
旧ルパン全23話にパイロットフィルムの特典がついて4,200円(購入時)なんて、
破格だとは思いました。

仕様としては…
・5.1 AUDIO/2.0 AUDIO(効果のほどは不明…)
・英語字幕(英語音声はナシ)

特典は…
・パイロットフィルム(シネスコープ版とスタンダード版の2種類)
・オーディオコメンタリー(誰が何をしゃべっているかは不明…)
・ルパン三世アニメーション史(2012年発売のMasterFileマデ)
※バップ版にあった16話オープニングの音声特典は未収録

難点としては、エピソードをセレクトする際にタイトルの表記が無く、
通し番号から話数を選択するしかありません。 

PDVD_009.jpg
セレクト画面には一枚だけその話の画像が表示されており、その絵を見て内容を想像する感じです。
まぁ、旧ルパンのエピソードタイトルを空で覚えている人には何の問題もありませんね。

そんなことよりも最も大きな難点は、このDVDが北米仕様である事。
つまり、DVDのリージョンが1である点でした。

DVDは仕向地ごとにリージョンが設定されていて、DVDの場合日本はリージョン2です。
北米のリージョン1は日本向けのDVDプレイヤーでは再生出来ないのです…。

ただ、PCのDVD再生はリージョンフリーなので、最悪PCで再生しHDMIで
TVに接続して見れば良いや…と開き直りました。

で、商品が届いて、ダメ元でPS3で再生してみたんですよ。
ダメ元で。

そしたら…

なんと!

再生できました!
このソフト、リージョン1なのにPS3で再生できるんです。
これはラッキー!
PS3ならアプコンも効いて、さらにきれいなはず…。(あまりよくわかりません…)

改めて画質の検証ですが、解像度自体はSD(640×480)なのでシャープさ
と言う点ではBDに譲るとは思うのですが(BDは未見ですので比較できませんが…)
色の再現度はバップのDVD-BOXとは雲泥の差!美しいです。

1話をキャプチャーしてみました。

PDVD_002.jpg
これがバップの画像

PDVD_006.jpg
そして、こちらが北米版の画像

どうですか。
あまりの違いにお口があんぐりでしょ?

で、Amazonレビューで書かれていた、次元初登場のカットです。

PDVD_004.jpg
確かにバップ版では明度が低く、次元の靴は黒一色に見えています。

PDVD_008.jpg
北米版では次元の靴はツートンで、さらにボタンの様なモノが
書き込まれているのが分かります。
(ちょっと、この画像では分かりづらいですね…TVで見ればはっきり分かります)

こんな感じで、全編が美しくリマスターされています。

一体、この映像のソースは何なのでしょうか?
一切情報が無いので分かりませんが、これだけの映像が手に入るのであれば、
もはや国内のBD-BOXは必要ない…と思わせてくれます。
最高画質の旧ルパンが、まさか海外からやってくるとはあまりに予想外ですが、
本当に国内版BDの購入を待った甲斐がありました。

Amazonの価格は随時変動しているので、いつ最安値がくるか分かりませんが、
4000円程度(送料無料)でこの画質が手に入るのであれば、本当に
お安い買い物だと思いますよ~。

では。





Date: 2013.12.05 Category: 日記  Comments (4) Trackbacks (0)

少年リック 限定 ウルトラセブン スタンディングポーズ 発光 Ver.

毎月恒例になってきていますが、エクスプラスより新たなアイテムが
発売されましたのでご紹介します~。

少年リック限定ウルトラセブンスタンディングバージョン発光版です!

7s01.jpg
先に発売された、Cタイプ、Bタイプのスタンディング版と同じフォーマット
で飾れるのが魅力なこのシリーズですが、セブンの出来はいかがでしょうか。

7s02.jpg
スタイルはまさに「上西セブン」ですね。

7s03.jpg
首の後ろのラインが2本ある、中期セブンを再現しているようです。

7s04.jpg 

7s06.jpg
マスクのイメージは、前回の発光版(ファイティングポーズ)とあまり変わりません。

7s05.jpg
アイスラッガーがちょっと高い気がします…
また、後ろの形状が丸まっているのが気になりますね。

7s07.jpg
セブンは元々戦闘的なフォルムをしているので、仁王立ちしているだけでも 非常に力強いです!

発光させました。

7s08.jpg
目の発光は前回と同じで、目全体が発光しています。
(ここは改善できないのでしょうか…)

7s09.jpg
また、ビームランプの色が前回は綺麗なエメラルドグリーンだったものが ブルーに変更されています。
前回はビームランプの点滅ギミックもあったのですが、今回はオミットされています。
無くてもいいのですが、ちょっとさびしいですね。

今回少年リック限定仕様として、腰に手をあてた差替え用の腕が付属します。
組み立てるとこんな感じ。

7s10.jpg
少年リックのブログには「セブン上司の様だ」と書かれていましたが
僕はこれを見たとき、体のラインが白く、まだ電飾が仕組まれていないAタイプ のスチルを連想しました。
ジーマが究極造形シリーズとして発売した、あのセブンの元ネタですね。

7s12.jpg
こっちのポーズの方がカッコいいので僕はこちらで飾っています。 

7s13.jpg
こちらでも発光させました。 

7s15.jpg 
例のごとく、照明を落として発光させました。

7s14.jpg
カッコいいんですけど、このセブンは発光が均一なので逆に目の色が
べたっとした感じになってしまいます。
発光させない方がセブンらしいかも…

7s16.jpg 
前回のファイティングポーズと一緒に・・・

セブンの上半身にウェイトを持たせた甲冑の様なデザインや、足先に向かって伸びる
シンプルなボディラインは日本人体型で逆三角形だった上西氏のスタイルをカバー
するために考案されたと言われていますが、その逆説的に導いたデザインとは 思えないほど
完成されたデザインだと思います。

特にマスク造形は、様々なメーカや原型師がチャレンジしても「どことなく違う…」
と思えてしまうほど再現の難しい複雑な面や形状で構成されています。
(もちろん俺セブン的な主観が混じって見ていることもありますが…)

7s18.jpg
これ以上ない程のシンプルさを追及したマンのマスクとは正反対に、幾何学模様を
思わせる複雑化によってセブンの戦闘的キャラクターを成立させているんですね。
マンのマスク同様に50年近く経っても、全く色褪せない素晴らしいデザインを生み出した
成田・佐々木両氏の才能には心から敬意を表します。 

今月末はウルトラマンAタイプのスタンディングが発売されます。
見本画像を見た感じでは、決定版と言うには少々役不足な感じがしましたが…。
こちらも予約しちゃったので、またご紹介しますね。

それでは!


I中古品I エクスプラス ウルトラセブン発光版 少年リック限定【中古】 [21-013257] 諸星ダン

価格:15,750円
(2013/11/30 18:24時点)
感想(0件)





Date: 2013.11.30 Category: ウルトラ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

モスゴジ@おも魂

Author:モスゴジ@おも魂
モスゴジと申します。gooブログから引越してきました!
おもちゃ集めが趣味の、いい歳こいたおじさんですが、
どうぞよろしくお願いします~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おも魂のみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。